記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
人気アイドルグループ『AKB48』の岡田奈々さんが、体調不良で休養していた理由を「機能性低血糖症」と告白しました。

摂食障害の原因にもなりえる「機能性低血糖症」とは、どういう病気なのでしょうか。岡田奈々さんのニュースを元に、機能性低血糖症について医師の建部先生に話を聞きました。

Q1.機能性低血糖症とは、そもそもどのようなことでしょうか。

機能性低血糖症とは、血糖値の低下にともない精神的・身体的症状を来たす疾患です。
健康な人の血糖値は70~130mg/dlの間を変動していますが、機能性低血糖症の場合は、血糖値が70mg/dl未満となってしまいます。

原因のひとつとして糖質の過剰摂取があります。それにより、血糖値を下げてくれるインスリンが多量に分泌されてしまい、必要以上に血糖値を下げてしまいます。

Q2.機能性低血糖症は、どのような症状が現れますか。

血糖値の異常な低下にともない、さまざまな症状が出ます。

<血糖値50~70mg/dlの場合>
交感神経に由来する症状が出てきます。 交感神経とは自律神経の一つで、激しい活動を行うとき活性化します。
具体的には以下のような症状です。

・動悸
・脈が速くなる
・発汗
・ふるえ
・顔面蒼白
・不安感

<血糖値50mg/dl以下の場合>
脳、脊髄などの中枢神経に由来する症状が出てきます。
具体的には以下のような症状です。

・けいれん
・頭痛
・異常行動
・物が二重に見える
・意識障害

また、血糖値の乱高下により精神状態をコントロールできなくなり、うつ症状を引き起こしやすくなります。

Q3.機能性低血糖症に対して、どのような治療が行われるのですか。

意識を失う、異常行動が見られる様な緊急の場合は、まずはブドウ糖を含む注射や点滴で血糖値を回復させます。
また、この疾患は糖質過剰摂取による、血糖値の乱高下が原因ですので、次のステップとして糖質過剰摂取をコントロールします。

特にお菓子やジュースなどの摂りすぎを抑えることで、体内に入る糖質を一定量に保ち、血糖を下げるインスリンの分泌量を一定にし、血糖値を安定化させます。

Q4.機能性低血糖症はどのような方がかかりやすいですか。

ストレスを溜め込みがちで、運動習慣が無く、食べることでストレス解消させている方がかかりやすいです。
特に、うつ病でこのストレス解消を日常的にしている方は、注意する必要があります。

Q5.機能性低血糖症に効果がある、または悪化させてしまう食材はありますか。

GI値と呼ばれる食後の血糖値上昇の程度を、食品ごとに数値化した値があります。
GI値の低い食品ほど血糖上昇が小さく、インスリンを多く分泌しないため、機能性低血糖症に効果があります。

逆に、GI値の高い食品ほど血糖上昇が大きく、インスリンを多く分泌するため、この疾患を悪化させます。

≪なんだか不調が続く…、運動量足りていますか?≫
最近運動していないと感じる方は【運動不足】診断!

Q6.まとめとして、「機能性低血糖症」についてアドバイスをお願いします。

機能性低血糖症という疾患は、日本ではまだ馴染みが少ないですが、その原因を振り返ってみれば、ストレス解消目的の糖質主体の過食がもたらしています。

誰が発症してもおかしくない病気ですし、発症しやすい環境に私たち現代人は生きているのです。
生活リズムと心の健康を大切に、そして、おろそかにしないことが大切です。

(監修:医師 建部雄氏)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス