フレンチのシェフに教えてもらった、ベルガモットオイルのお話と、使い方を紹介します。

ベルガモットオイルをほんの少し使うだけで、驚きと恋のようなときめきを感じる、美味しい料理にグレードアップするんです。

ベルガモットオイルとは?

出典 http://store.shopping.yahoo.co.jp

ベルガモット入りエキストラバージンオリーブオイル「Colonna コロンナ」(250ml)2,808円(税込)

アールグレイの香り付けにも使われる、柑橘類ベルガモット。そのフレーバーをつけた、エキストラバージンオリーブオイルのことです。

ベルガモットオイルをドレッシング代わりにすると、たちまちレストランのアミューズに変身。ご褒美みたいなすてきな味になるので、ダイエットも楽しくなります。

レシピ#1 フルーツや生野菜に、ベルガモットオイル

ブームの兆しを見せるローフード(生の状態か、48度以下で調理した食材)。ローフードは消化酵素が豊富なので前菜として食べるのにぴったり。

今回は、ぶどうとプチトマトにベルガモットオイルをひとふり。上にのっているのは、大葉です。

果物にはビタミン等の栄養がたくさん含まれているだけでなく、食べ物の消化を助け、新陳代謝に必要な酵素がたくさん含まれています。

出典 http://wadai-no-mori.info

ぶどうは、ピオーネという品種。種がないので食べるときのわずらわしさがありません。プチトマトも皮をむくことで「手間ひまかけた感」が上がるだけでなく、ちゅるんと口に入り、口の中でトマトの肌を感じるのが気持ちいい!

フルーツそのものだけでも美味しいのに、ベルガモットオイルをさっと回しかけるだけで、食欲をそそり、さらに魅力的な「あと一口食べたい」味に

ベルガモットオイルが手に入らないときの裏ワザ

ベルガモットオイルが手に入らないときは、オリーブオイルとレモン汁をさっと回しかけて、アールグレイの茶葉(ベルガモットの香りをつけたお茶)をこまかく砕いて(できればすり鉢で擦って)少々ふりかけてみてください。

食べ物を口の中に入れた瞬間でなく、時間差でベルガモットの麗しい香りが訪れます。

レシピ#2 サラダ。インドカレーとの相性も最高

キャベツやきゅうり、にんじん。身近に手に入る野菜を和えてカレンツを散らして。最後にベルガモットオイルを回しかけると、「もう一口食べたい」後をひく、特別な香り高いサラダに。

自宅でインドカレーに合うようにとシェフが作ったサラダに、ベルガモットオイルが使われていました。

インドカレーにとても合う爽やかさに驚き、美味し過ぎるので笑顔と食欲が止まりません。ベルガモットオイルは、野菜がたくさん食べれてしまう魔法のドレッシング。

ベルガモット。果実は苦く、香りは甘美。

ベルガモットの主な産地はイタリア。柑橘系なので、ベルガモットオイルを口にしたとき、「知っている」ような「懐かしい」ような気がします。

けれどなじみの深い日本の柑橘類とは明らかに違う、清らかで、気高く魅惑的な香りがするのが、ベルガモットの特長。

日本では、高知で初めて「土佐ベルガモット」として栽培され、商品化されています。

「ベルガモットの果実は生食や果汁飲料には使用されず、専ら精油を採取し香料として使用される。紅茶のアールグレイはベルガモットで着香した紅茶である。

フレッシュな香りをもつためオーデコロンを中心に香水にもしばしば使用される。

出典 https://ja.wikipedia.org

レシピ#3 トマトとアボカドに、地中海の風味を

サラダや野菜料理のほか、魚料理にも抜群の相性。ベルガモットオイルを使った人の感想をご紹介しましょう。

I was wondering how Earl Gray flavoring would taste in olive oil and was a bit skeptical but this oil is incredibly delicious.

アールグレイのフレーバーが入ったオリーブオイルって、どんなのかしら、って思っていました。それに本当に美味しいのかな、と半信半疑で。

でも、このオイル、信じられないくらい美味しいです!

出典 http://chefshop.com

この方は、トマトとアボカドにかけたそうです。

レシピ#4 ジャーサラダにも

カットフルーツをジャーに詰め込み、ベルガモット風味のオリーブオイルとレモン果汁、はちみつを加え、ジャーごとお土産に。

出典 http://www.recipe-blog.jp

聞いただけで美味しそうです。

料理がおっくうになったときは、ぜひとも

料理するのがおっくうなときや、何を食べたいかわからないようなときこそ「生野菜にベルガモットオイル」の高貴で爽やかな香りに力を借りて、元気を出してくださいね。

家族やお友だちにふるまっても、必ずや喜ばれることでしょう。

この記事を書いたユーザー

檸檬ジーナ このユーザーの他の記事を見る

by.S公式ライター お役に立てたら幸いです。

◇by.S 記事一覧
http://by-s.me/writer/18559

◇インスタグラム
https://www.instagram.com/lemon_gina/

約15年ほど東京で記者として活動。リクルート、マガジンハウス、講談社、集英社、エスプレなどの女性誌やウェブマガジンで執筆していました。

得意ジャンル
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 恋愛
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら