最近、秋田県でも熊の被害が報告された矢先の事で「熊」という文字がニュースで流れると緊張が走る方もいると思います。

しかし、今回のクマ騒動はちょっと笑いを誘ってしまうものでした。
【下記、Yahooニュースより抜粋】
  ↓↓↓

“子グマ”、実は子ダヌキだった…/青森・南部町

6月27日(月)21時23分配信
子グマと思ったら、実は子ダヌキ-。青森県南部町で16日発見され、“子グマ”として一時的に保護されていた幼獣2頭について、町農林課は27日、クマではなくタヌキの子どもと分かったと発表した。同課によると、2頭は発見者の男性が預かっており、健康状態に問題はなく、時期をみて山に放すという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

引用:Yahooニュース

この子グマ(に見えた子ダヌキ)を一時引き取り手を探すため日本動物園水族館協会に依頼し、同協会のホームページに子グマ(に見えた子ダヌキ)の画像を掲載したところ、ある動物園から「これは熊ではなく狸の子です」と指摘を受けたのだそうです。

クマとタヌキって似てるのか?と、
思い筆者は興味が湧いたので写真を見比べてみる事に・・・。
まずは大人のクマとタヌキから
↓↓↓

【左】クマ  【右】タヌキ

出典 https://www.flickr.com

どちらが熊でどちらが狸か説明は不要かと思いますが一応・・・。

体の大きさもさながら、まったくもって似ても似つかないですね。

それでは子グマと子ダヌキでは?
↓↓↓

今回保護された子グマと思われた子ダヌキ

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

正真正銘本物の子グマ

出典 http://www.dailymail.co.uk

子熊と子狸は区別がつきにくいとか言われても信じられませんから

出典 https://twitter.com

       ↑↑
twitterでも、上記のようなコメントが見受けられましたが、結構、子熊と子狸、見分けが難しいかもしれませんね(笑)

他にも、今回このニュースをとりまくネット上の声としては、この間違い騒ぎを起こした南部町の職員を責めるわけではなく、ほのぼのとしたつぶやきが多く見受けられました。

「子熊をおとりに親熊をおびき寄せよう→子熊じゃなくて子狸だった」のくだり好き

出典 https://twitter.com

子熊と子狸間違えるとか可愛過ぎだろ

出典 https://twitter.com

青森の、子熊で母熊をおびき寄せる作戦のオチが……子熊ではなくて子狸でしたって何なん。笑いが止まらん……

出典 https://twitter.com

今回は、南部町の職員さんが最後に平謝りで事はひと段落したようです。
ニュースにもあるように生まれたばかりのクマとタヌキの赤ちゃんは専門家でも見分けるのが難しいとのコメントがありました。

早く、この子熊に見える子狸たちの一時引き取り先が見つかるといいですね。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス