東京都渋谷区千駄ヶ谷にある東京体育館にて、6月15日から6月19日にかけて行われた「ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016」の男子シングルス準々決勝で、驚きのスーパーショットが炸裂して話題になっています。

出典 https://www.youtube.com

驚きのショットが炸裂したのは、中国の樊振東(ファン・ジェンドン)選手VSフランスのゴジ・シモン選手の一戦。

出典 https://www.youtube.com

樊選手の放ったサーブを…

出典 https://www.youtube.com

ゴジ選手が打ち返すと、ボールがネットに当たって台の外に落ちそうになります。

これはもう誰もがゴジ先週の得点を疑わなかったのですが…

出典 https://www.youtube.com

なんと、そのボールに驚きの反射神経でくらいついた樊選手!

出典 https://www.youtube.com

するとボールはゴジ選手のコートに入ります。ゴジ選手はただただ見つめるのみ…。

出典 https://www.youtube.com

別の角度から見るとこの通り。こんなに踏み込んで反応しているんですね…。

出典 https://www.youtube.com

このまさかの魔球?に、ゴジ選手もこの表情(笑)

まぁしょうがないですよね…(笑)

出典 YouTube

このスーパーショットが炸裂した試合に勝った樊選手は、そのままの勢いでこの大会の男子シングルスで優勝を果たしています。

まさに中国四千年の秘技を見せてくれた樊選手ですが、それもそのはず。広東省に生まれた樊選手は、6歳から卓球を始めて、11歳で名門「人民解放軍チーム」の一員となり、2012年末の世界ジュニア選手権では優勝を果たしたりと、中国卓球男子次世代のエースとの呼び声も高い選手なんです。

これはこの先の活躍も楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら