気温が上がり蒸しっとした梅雨時期から欲するものといえば、やっぱりアイスですよね!1つペロリと食べきってしまうアイスですが、甘く脂肪分も多いゆえに夏場のダイエットを気にする時は魔の誘惑です。

そんな時は市販のアイスではなく、ヘルシーな手作りアイスはいかがでしょう?最近では野菜をたっぷり食べるベジ活が定番!

ヘルシー志向な方や、お子様にもオススメの手作りベジタブルアイスを作りましょう!

出典筆者撮影

手作りアイスの良さは、砂糖の量を好みで変えられること。低糖質なアイスもできてしまうんですよ!

トマトアイス

野菜の定番トマトをアイスにすることで、青臭さが消えてお子様も食べやすくなりますね!リコピン摂取で美肌に繋がりそうです。

ブログ1周年&夏にぴったりなお菓子!「トマトアイス」 レシピhttp://www.recipe-blog.jp

生クリームが余ったら【卵不使用】かぼちゃとパンプキンシードのアイス

甘みの強い野菜といえば、野菜スイーツの定番「かぼちゃ」です。シードも加えて食感も良く栄養価も上がりますね。

生クリームが余ったら【卵不使用】かぼちゃとパンプキンシードのアイス レシピhttp://www.recipe-blog.jp

糖質オフ☆アボカドわさびのバニラアイス

今はアボカドスイーツが話題!アボカドの持つ脂肪分をそのままアイスクリームに。こちらのレシピはわさびを加えることで爽やかさもプラス!筆者もアイスクリームにわさびをつけることが大好きです。意外に合いますよ!

糖質オフ☆アボカドわさびのバニラアイス レシピhttp://www.recipe-blog.jp

100パーセント枝豆と豆腐のアイス

こちらはとってもヘルシーな豆腐を使用し、枝豆のアイスに。タンパク質が摂れて女性に嬉しいアイスですね!

100パーセント枝豆と豆腐のアイス レシピhttp://www.recipe-blog.jp

これから旬となり甘くなる食べ物は「とうもろこし」です。湯がくだけでも美味しいですよね。そんなとうもろこしをアイスクリームに!

とうもろこしの優しい甘みと粒々の食感を残したレシピをご紹介します。

【レシピ】とうもろこしのアイスクリーム

出典筆者撮影

【材料2~4人分】
倍量で作成してもよい

とうもろこし   1本
生クリーム    150ml
きび砂糖     30g
バニラエッセンス 5滴
卵黄       1個
オリーブオイル  お好みで

【作り方】

1 とうもろこしは皮ごとラップし、レンジ600Wで3分加熱。そのまま粗熱を取り、粒を削いでおく。

2 小鍋に生クリーム・きび砂糖を入れ弱火にかける。 常に混ぜながら温め、サラっと砂糖が溶ける感覚が分かったら火を止める。(約2~3分) 熱を取っておく。

3   ①にバニラエッセンス・卵黄・とうもろこしの粒2/3を入れ、ブレンダ―やハンドミキサーで撹拌する。

4  ③にとうもろこし1/3の粒を入れて混ぜ、保存容器にうつし、 冷凍庫で冷やし固める。(5時間ほど冷やす。)

5 お好きな量を器に盛りお好みでオリーブオイルをトッピングしてできあがり。

≪ポイント≫

とうもろこしは皮ごとレンジや茹でたりすると香りも残って美味しいです。 黒こしょうもトッピングに合います。

いかがでしたか?
野菜好きの方はもちろん、野菜嫌いな方も克服できそうですね!

ダイエットが気になる夏場のスイーツも、野菜を加えて手作りでヘルシーに作ってみましょう!

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら