「印鑑」を持ってきてくださいと言われたら?

一般的に「印鑑をお持ちください」と言われれば三文判、シャチハタ、銀行印、実印であれ持っていくものは男性が手に握っている「アレ」ですよね。

印鑑でWeb検索しても、大抵は「アレ」について触れられています。でも本当はちょっと違うらしいのです。「アレ」はどうやら印鑑ではないという話が…

これが「印鑑」です

本来の”印鑑”の意味とはハンコを押印した印影のことで、その印影の中でも実印や銀行印など、地方自治体や金融機関にあらかじめ提出している特定の印影を指して”印鑑”と言います。

出典 http://www.moriinbo.com

印鑑は捺印をした時に紙や書類などに残る文字や絵を表します。
つまり、印影と呼ばれるものと同じということです。

出典 http://www.hankoya.co.jp

要するに押されたものが「印鑑」であり、押したものは正式には印鑑ではないのです。「鑑」の字から推測するとわかりやすいかもしれません。「鑑」には鏡の意味があります。つまり押したものを紙などに映しだしたものということになります。

じゃあ押す方の「アレ」は何と呼べば?

現実的な使い方では印鑑でも意味は通りますが、簡単な呼び方であれば「はんこ」ですし、馴染みはないかもしれませんが「印章」と呼ぶのが正式なようです。

そうは言っても「印章」をお持ちくださいと言われたら戸惑ってしまうかもしれません。銀行印、実印、あるいは認印をお持ちくださいというのが無難でしょう。

ここに印鑑を押してくださいはNG

以上を踏まえて考えた時に、「それではここに印鑑をお願いします」と相手にお願いするのは間違いだということがおわかりいただけたでしょうか。

ビジネスの場などでは「ここにハンコをお願いします」「ここに捺印をお願いします」という言い回しをした方が間違いないでしょう。

捺印と押印の違い

捺印という言葉が出てきましたので、ついでに捺印と押印の違いについても触れておきましょう。

押印とは
記名押印が略された呼び名となります。

捺印とは
署名捺印が略された呼び名となります。

出典 http://www.legalhistorian.org

記名とは名前などが予め印刷されていたりすることを指します。署名とは自ら筆記用具を用いて記入することを指します。

ですから「署名捺印をお願いします」という場合には、自筆で署名をしなければならないというのが正しい解釈になります。ゴム印などに彫られたものを押した場合、それは「記名」になるのです。

まとめ

印鑑という言葉が一般的に「ハンコ」の意味で流用していることはさして問題ない話です。ただ、正式には印鑑はハンコのことではないということを頭の片隅に置いておくと、ちょっとした豆知識として使えると思います。

あわせて読みたい?

この記事を書いたユーザー

らいなぁ このユーザーの他の記事を見る

【facebook】https://www.facebook.com/LINER0905
【twitter】@LINER_ippuku
引きこもりの気分屋専業主夫時々物書き屋。ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 暮らし
  • テレビ

権利侵害申告はこちら