夏本番はもうすぐ。夏休みがやってくると、子供たちを連れてお出かけという家族も多いでしょう。夏のイベントも目白押しでとにかくどこに行っても人、人、人…なんていうこともあり得る日本。

人混みに自分の子供が紛れてしまったら一瞬でわからなくなる時ってありませんか?ほんの「一瞬」目を離した隙に小さな子供は遠慮なくエアポケットに飲み込まれてしまいます。お出かけする頻度が多いほど、親も十分気を付けて子供が自分の傍をはぐれないようにしなければいけません。

そこで、このほど米カリフォルニア州にあるクロービス警察署が「万が一の時のために」と親にとって役立つアドバイスがFacebookに投稿されていたのでこちらでご紹介しましょう。実はこのアドバイス、去年の夏にも一度投稿されているのですが、一番人気のアドバイスだったために再投稿されたそうです。

子供の腕に電話番号や住所を書く

出典 https://www.facebook.com

子供の手が濡れても落ちないように、その上からアメリカでは透明の液体絆創膏を塗ることを勧めています。日本では「ダイソー」などで透明の絆創膏が売ってあるので代用して頂けると思います。

とにかく迷子が頻繁に起こる夏休み

出典 https://www.facebook.com

また、クレーヴァ―ランド警察署も「パレードや大きなイベント会場では、とにかく頻繁に迷子が見られる」とFacebookにその様子を投稿。

先日のパレードでは1300万人を動員したというクレーヴァ―ランド。その中で45人の子供が親とはぐれてしまったそう。幸いにも子供たちは後に全員親元へ帰されたそうですが、「子供が親とはぐれるといつもヒヤリとしてしまう」と警察側もコメント。こればっかりは警察も慣れたくはないことですよね。

「出かける前に子供の写真を撮っておいてください」

出典 https://www.facebook.com

クロービス警察は「出かける前に子供の写真を撮っておくこと」を薦めています。子供の服装や髪型を収めて置けば万が一の時に最も重要な情報となるからです。今回の再投稿も1万7千ほどのシェアとなっていて、これから子供を連れだす機会の多い親にとっては簡単かつ便利なアドバイスであることは間違いありません。

迷子になると危険レベルが急上昇する

Licensed by gettyimages ®

親とはぐれてしまった子供に待っているのはいろんな意味で「危険」以外ありません。たいてい事故や犯罪に巻き込まれるのは、子供が一人でいる時。その割合はなんと93%にものぼるそうです。

子供が目の前からいなくなって親もパニックになると同時に、親とはぐれてしまった子供もパニックになり道路に飛び出したりして事故になるというケースも可能性としては少なくないようです。

「ここで待っていてね」は通用しない

Licensed by gettyimages ®

普段、ちゃんと言うことを聞いてくれるお子さんであっても「ちょっとここで待っていてね」は絶対にやめましょう。子供はとにかく動く生き物ですから、1秒目を離した隙に、もう隣にいないということも筆者も男の子の子育てで経験済み。

目を光らせるようにはしていてもこちらもやはり人間なので毎秒子供を見つめて歩くわけにもいかず、ふと目を反らすともう子供は先を行ってしまったり立ち止まっていたりすることがよくあるもの。

大人が複数で子供が一人の時も、注意を怠らないようにする必要があるでしょう。「誰かが見ていてくれる」という安心感が気の緩みになることもあります。人込みで迷子にならないことは一番いいのですが、「万が一」の時に役立つアイデアを利用したり子供にも「もし、誰かに自分が迷子になったことを伝えたければ、子供を連れている家族に声をかけるように」と言っておくなど日頃の防止訓練も大切ですね。

気を付けながら夏を楽しもう!

Licensed by gettyimages ®

子供が安心して思いっきり遊ぶことのできない社会というのは何とも悲しいものですが、これが現実。でも怖がって外で遊びたがらない子供を生み出してしまうのも良くないことなので、お出かけの際には十分気を付けて楽しんでくださいね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス