100円均一は侮れません。侮ってはいけません。100円均一の商品に安かろう悪かろうというイメージを持っているかもしれませんが、それは間違いなく損をしています。

100円均一の商品にはアイディアが詰まっていたり手軽さが詰まっていたりと様々です。消費税増税で3円ほど高くなってしまいましたが、それでも安いことに変わりはありません。

消耗しやすい「掃除グッズ」

たわしにブラシにスポンジにと掃除グッズには色々と消耗していくものが多いですね。さらに長い間放置していたところを掃除すると一気に汚れてしまいます。

そういった消耗品を買うならやっぱり100円均一に限ります。ボロボロになったら気軽に捨てられますし、汚れてしまってもためらいなく捨てられます。

観葉植物

意外と観葉植物を部屋に置きたいという方は多いと思いますが、維持できるかわからず躊躇っていると思います。

しかし100円均一の観葉植物なら、万が一ダメにしてしまってもすぐに新しいのと交換できますよ。慣れてから徐々にこだわっていきましょう。

収納ケース

整理整頓好きとして1つ言いたいのは、整理整頓されていても収納ケースに統一感がないとイマイチ!ということです。

100円均一の収納ケースは非常に壊れやすいです。どこかにぶつければ簡単に欠けてしまいますが、それでもこの値段で統一感が出せるのは重要です。

収納ケースのデザインまですべて揃えることが真の整理整頓でしょう。

ナイフ、フォーク、スプーンなど

これは収納ケースの理論と似ていますが、カトラリー類のデザインが揃っているのって気持ちいいですよね。そのため私はカトラリー類もすべて100円ショップで揃えています。

カトラリー類って片方だけなくなったり壊れたりで結構バラバラになりやすいのですが、100円均一だとその商品がなくならない限りは買い足すことが可能です。

意外と見た目も普通です。

マグネットケース

これは色々なところで取り上げられている便利グッズですが、改めて紹介しておきましょう。

簡単に説明すると中身の見える小さなケースにマグネットが付いています。直径7~8cmくらいでしょうか。100円均一の商品にしてはマグネットが強力で、しっかりくっついてくれます。

ちなみに私はよく使う調味料を入れて冷蔵庫にくっつけています。

パスタソース

パスタソースには100円以外の商品も色々ありますが、100円均一のソースもそこそこ食べられる味です。

しかし実際に食べるには少し物足りなさを感じるので、このソースに「ちょい足し」するのがオススメです。

もとが100円なのでなにかを足しても高くはなりませんし、本当に面倒なときはソースだけでもOKなので重宝しています。

常に数種類はストックしてありますね。

バスタオルハンガー

バスタオルを物干し竿に干すと結構スペースが圧迫されますが、バスタオルハンガーを使えばTシャツなどと一緒に並べて干せます。

バスタオルを固定できるようになっているので2つに折らずに干せるのも特徴ですね。

つっぱり棒

つっぱり棒はもっとも応用できる便利グッズでしょう。2つ並べた上に板をのせて収納にしてもいいですし、クローゼットを2段にすることも可能です。

オススメの使い方はつっぱり棒2つとワイヤーネットの組み合わせ。そこにS字フックを追加したりコード類をまとめられるのでかなり便利ですよ。

USBライト

あまり100円均一で電化製品は買わないのですが、これだけは当たりでした。

USBポートに接続してライトになる単純なグッズですが、細かい作業をデスク周りでやることが多いので予想より頻繁に使っています。

まとめ・使い方を見極める

100円均一のグッズは壊れやすいこともありますが、逆に買い替えやすいというメリットもあります。

また、一見使い道がないようなグッズも頭を柔らかくすれば便利グッズに様変わりすることもあるので、しっかりと見極めることが大切です。

この記事を書いたユーザー

HOW MATCH このユーザーの他の記事を見る

あなたの年収、副業、節約、貯金、貯蓄に関する悩みを徹底的に追求するWebメディア「HOW MATCH」です! http://how-match.jp/

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら