9歳にして写真家デビューしたレジーナちゃん

スコットランド在住の1人の少女が今メディアで話題になっています。レジーナ・ワイリーちゃんは9歳にしてこのほど写真家としてデビューを果たしました。

3歳の頃から写真に興味を持つように

Pinned from buzzfeed.com

物心ついた時からおもちゃのカメラで写真を撮るということに興味を抱くようになったレジーナちゃん。それもそのはず、レジーナちゃんのパパはプロの写真家として活躍していました。そのうちパパのカメラの使い方を知りたいと思うように。

4月15日に初のウエディング・フォトシューティングをしたレジーナちゃん

Pinned from buzzfeed.com

7歳の時には完全にカメラを使いこなせるようになったレジーナちゃんには、やはりカメラマンとしての才能があったのかも知れません。パパのケヴィンさんは、決して口出しせず必要なことだけを教え、後はレジーナちゃんの感性にまかせるようにしていたそう。

親しい友人の結婚式でデビュー

Pinned from buzzfeed.com

4月15日に行われた結婚式は、ケヴィンさんと日ごろ親しくしている友人のものでした。美しいウエディングドレス姿の花嫁や式場の様子を、レジーナちゃんが自分の目線でカメラを通して捉えていきます。

その写真は、9歳の子供が撮ったものとは思えないほどの出来栄えだとパパのケヴィンさんもベタ褒め。そしてあっという間にネット上でも話題になりました。

Pinned from buzzfeed.com

元々はケヴィンさんが撮影を頼まれていたのですが、2人目のフォトグラファーということでレジーナちゃんも使命を受けたのです。友人ならではの気の利いた配慮があったのでしょうね。デビューするにはもってこいのフォト・シューティングとなりました。

Pinned from buzzfeed.com

Pinned from buzzfeed.com

レジーナちゃんの目を通して撮影された写真の数々はどれもとっても温かく、見ているこちらまでほっこりさせられます。普段、子供の目線と大人の目線にはかなりの差があるもの。きっと感性もその分違いがあることでしょう。レジーナちゃんの写真からは、家族や愛、繋がりといった成熟した感性の良さを感じます。

出来上がった写真を見て、新郎新婦も大感激。このままいくとパパの後を継いで写真家になりたいのかなと思いきや、レジーナちゃんは「将来はファッションデザイナーになりたいの」だそう。(笑)

それまでに既に写真家としてのキャリアがあれば、ファッションデザイナーという二重の仕事を持つことだって可能かも知れません。なにしろ、感性がものをいうアートの世界。9歳のレジーナちゃんにはその可能性がまだまだ隠れている様子。

是非とも、将来大物になって頂きたいですね!

レジーナちゃんが撮った他の写真をご覧になりたい方は彼女のインスタへどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら