アニョーロ・ガッディにより1380年に完成した『聖十字架物語』が描かれた中央大礼拝堂

《サンタ・クローチェ聖堂/日本人の篤志家》

写真はサンタ・クローチェ聖堂の中央部に創られた「中央大礼拝堂」です。礼拝堂内部に描かれている壮大なフレスコ画、はアニョーロ・ガッディにより1380年に完成した『聖十字架物語』

この作品はフィレンツェの街の中に幾多もある14世紀の美術品の中で、もっとも重要とされるものとして、内外に知られますが、作品はあまりにも長い時の経過を経ているために、十年ほど前から破損し始めたことで、2004年、修復作業をするために日伊共同のプロジェクトチームが組まれ、修復作業が始まりました。そして、2010年12月、作業が終了し今の秀麗な姿となったのですが、修復費用は何と2億円余。巨額なものでした。

そして、修復作業の完成は巨額な費用2億円が東京に住む画家黒田哲也氏の寄付によるものであり、金沢大学のイタリア美術史専攻の宮下孝晴治教授を中心にした日伊共同プロジェクトチームが6年もの間、尽力を捧げ続けて支援した結果でした。

そのことを知ってこれから紹介する作品をご覧になって頂ければ幸いです。

アニョーロ・ガッディの作「聖ジョヴァンニ・グアルベルトと聖ミニアートの逸話」が保存されているサン・ミニアート・アル・モンテ教会

《ヴァザーリに類稀な才能を賞賛された若き巨匠アニョーロ・ガッディ》

この壮麗で秀麗な作品の作者アーニョロ・ガッディAgnolo Gaddiは、ルネサンス初期の画家の一人ですが、ヴァザーリの著書の中で芸術家として賞賛されたほどの画家であることは、日本では以外にも知られていません。

彼はスピネッロ・アレティーノよりも20年ほど遅い1369年にフィレンツェに画家の息子として生まれますが、生まれながらに虚弱な身体だったことで1396年、僅か30数年で生涯を終えています。でも、ジョットの右腕として活躍した父親タッデオの息子ということもあり、幼い頃から絵画の世界で遊んでいたと伝えられ、また父親の世界に遊んでいたことで、ジョットの影響を強く受けた画家としても知られます。

もちろん、その腕の確かさは誰もが知るところでしたし、創造性の豊かな資質は彫刻家の世界でも画家としても建築家の世界でも成功し、素晴らしい作品を創りだしました。

彼の芸術家として活躍した期間は、実に短い間でしたが、フレスコ画連作「聖十字架物語」はじめ、プラート大聖堂の壁画など多数の傑作を完成させています。そして、その精緻な描写と説得力のある画面に誰もが感銘を受けたとも伝えられています

バルディ家礼拝堂のドナテッロ作キリスト像

《14世紀後半に始まった新しい美術活動の中心にいた画家アーニョロ・ガッディ》

★14世紀後半のフィレンツェはペストの流行や経済恐慌などに襲われて深刻な社会不安を募らせていましたが、庶民の不安を少しでも緩和させようとしたのかもしれません。そのさなかサンタ・クローチェ聖堂が仕切るフランチェスコ会とドメニコ会の二大托鉢修道会を中心にした新しい美術活動が始まります。その中心的な存在が、ジョットの後を継いだといわれるアーニョロ・ガッディだったのです。

彼の作品を目の前にしていますと、ジョットの作品が脳裏をかすめてゆきます。決して、ジョットの世界に相似しているのではないのですが、でも、ジョットの作品のように品のある静謐な描写や優美性を持った聖人たちの動きの中に、慈悲に満ちた世界を見ることができるのです。

ですから、ジョット同様にアーニョロ・ガッディのその創造性の豊かな資質は彫刻家の世界でも、また、画家としても、そして、建築家の世界でも成功し素晴らしい作品を創り出す芸術家としてこのフィレンツェで大成してゆきました。

そして、精緻な描写と説得力のあるデザイン性に誰もが感銘を受け、観る者誰もが深く魅入られ、彼の作品の前で去り難くなるのです。画面に描かれた精緻な描写で説得するストーリーに縛られたように身動きができなくなるのです。

なぜなら彼の描く世界は、哀しくなるほど静謐で清らかで、壮麗だからです。

★なお、偉大なる彫刻家ドナテッロについては後日解説の予定です。

《ガッディ編、次回も続きます。次回は『光の演出に生涯を掛けた画家』です》

《註:文中の歴史や年代などは各街の観光局サイト、取材時に入手したその他の資料、ウィキペディアなど参考にさせて頂いています》

(旅行ジャーナリスト・作家 市川昭子著)

★画像・記事の転載・転用、ダウンロードはお断りいたします。どうぞよろしくお願い致します。

この記事を書いたユーザー

市川昭子 このユーザーの他の記事を見る

★旅行ジャーナリストとして長い間、公私共に海外の国々を訪れ取材し滞在。美術館巡りが好きで「ヨーロッパの美術館」など著書も出版。海外ガイドブック30冊以上(フランス、イタリア、イギリス、ベルギー、オランダ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、ハワイ、アメリカ、香港、韓国、グアム、サイパンなどなど十数カ国のガイドブック)を取材し出版。★小説【あなたが生きた街】を出版。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス