ボーンブロスを知っていますか?

ボーンブロスとは鶏肉や牛肉などの骨から取ったスープで日本でいう鶏ガラスープに近いもの。
違いはお肉本来の脂肪分はしっかり取り除いていることです。
コラーゲンやミネラルを豊富に含んでいながら低カロリーなのが魅力!
これが今、ニューヨーカーの間で話題になっているんです。
あのニューヨークタイムスですら取り上げるほど!

その栄養効果とは!

牛骨ベースのボーンブロス240mlあたり70calでコラーゲンが6g、カルシウム、ミネラルがたくさん入っているので美肌、美髪、さらにアンチエイジングの補助することができ、美意識の高い女性の間で人気となっています。
また、専門家の話しによると、腸を助ける効果も期待出来るとか。
何でもプロバスケット選手も怪我の治療中に、骨の回復や免疫力アップのため、飲んでいたそうです。

ボーンブロスが今、注目される理由!

理由のひとつにアメリカではここ数年、流行しているパレオダイエットが関係しているそうです。
パレオダイエットというのは、簡単に言うと原始人が食べていた動物、野草、ナッツ類、魚介食べるダイエットみたいです。
なので穀物や豆、乳製品、塩、砂糖もNG
えっ?原始人?と言いたくなりますよね!
でも考えてみると、長い間、そういった食生活でも生きていたわけですから理にかなっていそうですね!
原始人は動物からボーンブロスをとっていたということからパレオダイエット支持者から人気が出て話題になってきたそうです

自宅で簡単レシピ

普通のお鍋では1日煮込まないといけないので圧力鍋で手早く作るのがおすすめ!
骨は、手羽先や手羽元、牛リブの骨を冷凍庫で貯めておいてミックスさせても構いません。
骨(鶏骨、牛骨、豚骨)……1kg
人参……一本
セロリ……2本
玉ねぎ……1個
ローリエはなくてもOK
水……適量

ステップ1
野菜は細かく刻まず、4つにカットしてください。
ステップ2
鍋に材料を入れ、水は材料が浸かるくらいにします。
なべが小さい場合、は水の量が3分の2を超えないように材料を調節してください。
ステップ3
フタを強火にして、圧力鍋のピンが上がったら弱火で30分加熱。
その後、火を止めピンが下がるまで待ちます。
ステップ4
スープを濾して材料を全て取り除き、冷蔵庫で冷やします。
しばらくすると表面に白く濁った脂肪分が出るのでスプーンなどで取り除いてください。
冷蔵庫で5日、冷凍庫なら1ヵ月保存可能。
ゼリー状に固まるので飲む時は加熱し、塩、胡椒などで味付けしてください。

いかがでしたか?
日本にも上陸するといわれるボーンブロスを自宅で先取りしちゃってください!

この記事を書いたユーザー

ペコリーモ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • 動物
  • エンタメ
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら