北海道から沖縄まで、全国83店舗(執筆現在)を展開しているタワーレコード。1980年代から日本の音楽文化を牽引している有名CDショップですが、実はタワーレコードには”アイドル専門の音楽レーベル”が存在していることを、皆さんご存知でしょうか?

名前は「T-Palette Records」。アイドルブームが巻き起こった2011年に設立され、今年で5周年を迎えます。

【第1弾アーティストのNegiccoは今や全国レベルの人気に】

現在T-Palette Records所属で今最も勢いを感じさせているのが、3人組アイドルユニット「Negicco」。2003年に新潟のローカルアイドルとして誕生した彼女たちですが、一時期はアイドル冷遇時代の向かい風にさらされ、不遇の日々を経験。

しかし2011年にT-Palette Recordsの第1弾アーティストに選ばれると、地道に積み重ねていたキャリアとタワレコならではの丁寧な音作りが相乗効果を生み、次第にCD売上がアップ。2014年以降のオリジナル・シングルは全てオリコン週間トップ10入りを果たし、現在では全国ネットのCMにも進出しています。

ねぇバーディア / Negicco(2015)

出典 YouTube

(作詞作曲はレキシこと池田貴史。MVにはNegiccoが生まれた新潟県からワンマンライブを行う東京・日比谷野外大音楽堂までの道のりが描かれている)

サトウの切り餅いっぽん 『いっぽん応援団』篇(2015~2016)

出典 YouTube

(2014年末に初登場し、現在も出演中。地元新潟ではすでに多くのCMに出演している彼女たちだったが、全国放映のCM出演は大きな話題とさらなる知名度アップを生んだ)

【後のメジャーアイドル・lyrical schoolやバニラビーンズもここから輩出】

レーベル設立後、5年間で計16組のアーティストが所属してきたT-Palette Recordsですが、中には同レーベルでの音楽活動から才能を見出され、メジャーの切符を掴んだアーティストも。2015年11月にavexからメジャーデビューした「バニラビーンズ」、2016年4月にキングレコードからメジャーデビューした「lyrical school」はそれぞれ、2015年までT-Palette RecordsからCDを発表していました。

音楽業界が全体的に縮小傾向にある今、T-Palette Recordsの存在はアイドルを通じたシーンの再活性化も促しつつあるといえます。

RUN and RUN / lyrical school(2016)

出典 YouTube

(2010年にヒップホップアイドルユニットとして結成。T-Palette Records所属時代から音楽面での評価が高く、2016年にメジャー進出。メジャー第一弾シングル「RUN and RUN」の”スマホジャック縦型MV”はフランス・カンヌ広告祭で銅賞を獲得)

女はそれを我慢しない / バニラビーンズ(2015)

出典 YouTube

(2007年から活動を開始し、おしゃれかつレトロチックなその音楽性で注目を集める。実は一度メジャーデビューしているが、2011年からレンタル移籍という形でT-Palette Recordsに所属。アイドル専門レーベルでさらに経験を積んでの”再メジャーデビュー”となった)

【今後の”Tパレ”注目アイドルは?】

CDショップだからこそ純粋に追及できるサウンドと才能の発掘で、魅力的なアイドルを次々と送り出しているT-Palette Records。

他にも今年11月に日本武道館でのワンマンライブを予定している
「アップアップガールズ(仮)」や、今夏に初のライブツアーが決まった
「アイドルネッサンス」、メンバーが自ら作詞に参加している「GANG PARADE」など沢山のアイドルたちが、次のブレイクを目指して日々可能性を育てています。

パーリーピーポーエイリアン / アップアップガールズ(仮)(2016)

出典 YouTube

(2011年に結成。ハロプロで研修を積みながらハロプロ外で頂点を目指すその姿勢と”アスリート系アイドル”と称されるほどの超アグレッシブなパフォーマンスで、次第に人気が拡大。2016年11月にはインディーズアイドルにも関わらず、日本武道館での単独公演が決定)

君の知らない物語 / アイドルネッサンス(2016)

出典 YouTube

(2014年に結成。古今の楽曲を歌とダンスで表現する「名曲ルネッサンス」をテーマに活動しており、作品やステージで貫かれるその世界観は、多数のファンを魅了。アイドルファンが選ぶ「アイドル楽曲大賞」でも過去に1位選出の実績を持つ)

WE ARE the IDOL / GANG PARADE(2016)

出典 YouTube

(2014年に結成。熱烈なファンを生みながら解散したアイドルグループ・BiSの元メンバーを中心に誕生し、現在は5人編成で活動中。この「WE ARE the IDOL」もBiSのサウンドプロデューサーが作曲で参加し、作詞はメンバーのユメノユアが担当している)

アイドルサウンドを一過性のブームではなく、継続する文化に。その挑戦には長年音楽と向き合うタワーレコードが掲げた「NO MUSIC, NO LIFE.」の精神が、確かに息づいています。

ちょうど季節も、もうすぐアイドルの活動が一年で最も活発になる夏・・・今年はまた新たな視点で、一からアイドルの歌声に耳を傾けるのも一興です!

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス