結婚は人生の中でも最大のイベントですね。最近では結婚式を挙げないカップルも増えていますが、一方で、大きな節目として結婚式を大切に考えるカップルもいます。

ところで、盛大な結婚式を挙げるためにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?結婚前に必要な貯金額について調査してみます。

盛大な結婚式にかかる費用

一流の会場を使って結婚式を挙げたら、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?ゼクシィのサイトを参考に調査してみます。

ホテルオークラ東京
これまでにここで結婚式を挙げたカップルの総額平均は325万~425万円とのこと。
ホテルオークラは豪華・優雅な雰囲気の中で結婚式を挙げられるだけでなく、お料理もおいしいとも評判。

ホテルニューオータニ幕張
予算の目安は80人招待した場合で250万円。
ガーデン付きの邸宅での、オシャレなウエディングが叶います。

ウェディングスホテル・ベルクラシック東京
予算の目安は80人招待した場合で251万円。
都内にあることを忘れさせる、広々としたチャペルでの式が人気。

一流の結婚式場で結婚式を挙げたいなら、結婚前に少なくとも250万~400万円の貯金が必要です。

最近人気の結婚式とは?

結婚式の形式を簡単に分けると、

・海外での結婚式
・ガーデンウエディング
・神前式
・人前式
・教会式

などがあります。
それぞれの人気の理由を挙げてみます。

海外での結婚式
海外での結婚式の利点は、非日常的な空間で式が挙げられるということでしょう。
日常と物理的に離れているので、ふたりだけのロマンチックな時間を過ごしたいカップルにピッタリ。
海外でふたりだけで挙式をし、帰国してから親族やお友達を招いて披露宴パーティーをするケースが多いです。
費用がかさむので、結婚前に多めの貯金が必要。

ガーデンウエディング
リゾート地のような開放的な雰囲気の中での挙式は日常を忘れさせてくれます。そんなガーデンウエディングはゲストにも人気。
外国に行かずしてヨーロッパの雰囲気を味わえる会場が多く、結婚前の貯金はほどほどでOK。

神前式
日本の伝統美あふれる結婚式がしたいカップルに人気。和装が似合う式場を選びたいなら、神前式をとりおこなっている会場がおススメ。
神社での挙式は、参拝客にも祝福してもらえます。

教会式
映画のワンシーンのような、チャペルでの結婚式は華やかさと厳粛さに包まれています。
最近では教会式の結婚式にあこがれるカップルが増えています。フラワーシャワーなどの特有の演出が楽しめるので人気。

自分たちがやりたい結婚式とは?きっと、あこがれの結婚式へのイメージがあるはずです。
イメージが湧かないなら、まずは見学に行ってみるのもいいですね。試食会の日程などもチェックしてみましょう。

結納金はいくら準備すればいいのか?

結納とは昔からのしきたりで、結婚する両家が集まって縁を結びあう、という意味合いを持った儀式です。関東と関西でやり方が違います。

男性側が現金を女性側の親族に渡し、女性側は「お返し」として少なめの金額を渡す、ということもあれば、両家がほぼ同額を交換する、という場合もあるようです。具体的な金額は決まっておらず、結婚する両家の経済的レベルに見合った金額が送られるようです。

最近では、結納をしないカップルが増えており、その代わりに両家の顔合わせとして集まってご飯を食べる、ということが行われます。その時に婚約指輪などの記念品が交換されたりします。昔でいうところの結納品のようなイメージです。

高価な指輪はいくらくらい?

結婚式のイベントにかかる費用の中でも大きいのは、会場費の次に結婚指輪ですね。ところで、高価なブランドの指輪を購入するとしたらいったいいくらぐらいかかるのでしょうか?

ティファニー : 価格帯は166,320円~
グッチ : 価格帯は144,720円~
アイプリモ : 価格帯は110,700円~

調べたところ、結婚指輪の相場金額は、2人分で22万円前後です。

盛大な結婚式をして、ブランドの指輪を交換したいなら、ふたり合わせて結婚前に400万円代程度の貯金が必要だということですね。

この記事を書いたユーザー

HOW MATCH このユーザーの他の記事を見る

あなたの年収、副業、節約、貯金、貯蓄に関する悩みを徹底的に追求するWebメディア「HOW MATCH」です! http://how-match.jp/

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら