ジューンブライド(June bride)は『6月の花嫁』という意味で、6月に結婚をすると”幸せになれる”と言われています。 今回はジューンブライドの由来とされる3の説、そして6月に結婚した芸能人をご紹介いたします。

■ 女性憧れのジューンブライドの由来は…?!

⒈ 女神(JUNO)説

もっとも有力な説は、ローマ神話の女神ヘラ(ローマ名ユノ、英語名Juno)に由来するというもの。 6月の月名「June」の語源にもなっている彼女は、ギリシア神話では主神ゼウスの正妻・女神ヘラと呼ばれています。
ヘラは結婚・出産をつかさどり、女性と家庭、子どもを守る女神として古来よりあがめられてきました。ヘラが守護する月である6月1日には、彼女をまつる祭礼が行われていたことから、6月に結婚式を挙げると女神ヘラの加護を受けて、一生幸せになれるという言い伝えが生まれたとされています。

出典 http://www.tenki.jp

⒉ 結婚解禁説

農作業の妨げとなることから、古の時代、ヨーロッパでは昔、3月・4月・5月は結婚が禁じられており、農作業がひと段落して結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多かったそう。
そうした理由から、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれる……という言い伝えがジューンブライドの由来とされています。

出典 http://www.tenki.jp

⒊ ヨーロッパの気候説

これもヨーロッパの季節に由来します。
ヨーロッパの6月は一年中で最も雨が少なく、天気のよい日が続きます。つまり、日本の梅雨の時季と異なり、欧州では6月が最も気持ちのよい季節なのです。
その証にヨーロッパでは、6月ははつらつとした季節の始まりとして、「若者の季節」とも呼ばれるほど。
つまり、6月に農作業を無事終え、多くの人に祝福される結婚式が多くなる。こうしてヨーロッパ全体が祝福ムードとなることから、6月の花嫁は幸せになれる……という説なのです。

出典 http://www.tenki.jp

■ 6月に結婚をした芸能人は?

辻希美さん×杉浦太陽さん

出典 http://ameblo.jp

入籍日:2007年6月21日

大塚愛さん×SU(RIP SLYME)さん

出典 https://www.instagram.com

中田敦彦さん(オリエンタルラジオ)×福田萌さん

出典 http://ameblo.jp

入籍日:2012年6月5日

■ ジューンブライドにぴったり♡ ウェディングプランナーが選ぶ『おすすめウェディングソング』

実際に結婚式でよく使用されている人気の定番曲から、ウェディングプランナーさんがおすすめするウェディングソング8曲が詰まったプレイリストをご紹介。

『小さな恋のうた』BENI
『Happiness』Che'Nelle
『JOY("Joyful" Ckassic Mix)』COLOR など。


【「プランナーが選ぶ!*ウェディングソング〜邦楽」】

この記事を書いたユーザー

AWA公式スタッフ このユーザーの他の記事を見る

国内最大級の配信楽曲数を誇る、定額制音楽配信サービス「AWA(あわ)」の公式スタッフがお届けする記事です。
音楽にまつわる話題の情報を発信していきます。

登録なしですぐ聴ける。音楽配信サービス「AWA」http://awa.fm/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス