盲目犬スマイリー

出典 YouTube

スマイリーはパピーミルで生まれ、2歳までそこで育ちました。救出されても、最初は恐怖が彼を支配していました。家庭に引き取られても、隅っこにずっと隠れ続けていたのです。そんなスマイリーが家族たちの愛を受け、セラピー犬にまで成長することができたのです。この動画では、スマイリーを引き取ったジョアンさんとスマイリーがTVのトークショーに出演した時のものです。

パピーミルから救出された盲目のスマイリー

カナダのパピーミルで生まれ育ったゴールデン・レトリバーのスマイリー(雄)は、生まれつき両目の眼球がなく盲目でした。

出典 http://www.boredpanda.com

盲目のスマイリー

両瞼は感染症に

更に、救出されたスマイリーの両瞼は、これまでのパピーミルでの劣悪な環境で、感染症にかかっていました。

出典 http://www.boredpanda.com

瞼は感染症にかかっていたスマイリー

一時は安楽死も

スマイリーは安楽死させた方が良いのではという意見が上がりましたが、プロのドッグトレーナーのジョアンさんが引き取ることにしたのです。

出典 http://www.boredpanda.com

ドッグトレーナーのジョアンさんが引き取ることに

瞼を縫合

スマイリーの両瞼は、獣医の判断によってこれ以上感染が広がらないようにと、瞼を縫い合わせる手術が施されました。

出典 http://www.boredpanda.com

両瞼を手術した

セラピー犬として訓練

プロのドッグトレーナーである飼い主のジョアンさんは、盲目のスマイリーをセラピー犬として訓練しました。

出典 http://www.boredpanda.com

セラピー犬として訓練

音で訓練

ジョアンさんは、目の見えないスマイリーに対して、音で訓練しました。ジョアンさんの足音や声のトーンを変えることで、あらゆることを覚えさせたのです。

出典 http://www.boredpanda.com

ジョアンさんが発する音で障害物があるかどうかも聞き分けることができるようになった。

セラピー犬として認定

高齢者や知能障害、身体障害を持った人に対応するセラピー犬として、スマイリーは見事に認定試験に合格、ライセンスを取りました。

出典 http://www.boredpanda.com

セラピー犬として認定された

盲目のセラピー犬が誕生

スマイリーに会った人は、彼が盲目であることを忘れさせるほど素晴らしいセラピー犬として成長しました。

出典 http://www.boredpanda.com

セラピー犬のスマイリー

セラピー犬として働くスマイリーの動画

出典 YouTube

2015年撮影 この時のスマイリーは10歳

障害があってもOK! それを乗り越えればいい!

ジョアンさんは、障害を抱えている子供たちのところに、スマイリーをセラピー犬として連れて行った時には、「この子(スマイリー)は、生まれつき目が見えないの。でも、障害があってもOKなのよ。それを乗り越えられるのよ。」と必ず語りかけるそうです。

出典 http://www.boredpanda.com

生まれつき障害があっても乗り越えればいい それをスマイリーは教えてくれる

他にもこんな犬のお話しが。。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス