カウンセラーになりたい方へ最高のお薦め!・・法華経解読のススメ!

他人を助けてあげれれば、必ず自分も楽になれます。 実は現代のストレスの強い苦しみや悩みとは、他人との助け合い共存をしたいけれど何故かそれができなくなっているところにあります。 ですから自分自身が不運やストレスから解放される第一の答えは、先ず他人を助けてあげることに気づくことから始めましょう。

法華経を用いれば・・・

しかし、自分自身が不足な状態でいきなり他人のために何かをしてあげるということはできませんね。つまり助けてあげる側が先ず成長していて最低限の救済知識を持っていることが必要条件なのです。

法華経を使いましょう!

そのためにも法華経の大切さなのです!
法華経を学ぶなんて永遠の謎に相違ない・・・・。!ところが、法華経こそすべてのことを網羅する、そうです!一般社会人のあらゆる職業を作り上げている、その習得期間はそのまま法華経学習の標準時間なのです。つまり社会修行の最短は三年間といわれている、それが法華経を悟ろうとする者の習得期間なのであり、4年制大学よりも早い理解習得が可能なはずなのです。

今すぐに他人を助け、自分も楽になれる。

そんな重宝な法華経を使わない手はありません。

今こそ、知った!・・その時から始めましょう

この記事を書いたユーザー

ぶっけん このユーザーの他の記事を見る

私は、まちづくりをもし専業にできたら素敵だと思っています。
世の中には、国造り、会社づくり、モノづくり、人づくり、お金づくり・・・さまざまな「つくり」がありますね。
その中でも、まちづくりとはわざわざ心掛けて作ろうとしなくとも、放っておけば出来上がるかのような最も漠然と掴みどころのないものに思えます。
しかし今あちこちで、何かとまちづくりが大切であると、なぜ呼びかけが始まりだしているのでしょう?
 
私は、まちづくりの動機の動機と言えば、ただのきっかけだけがカギを握っていると思います。
そして、まちづくりとは案外、国造りよりもっと大きな心がけを必要とするのではないかとも思えています。
それは、誰もが最も身近に感じ得る共通の課題意識であることである共に、一体まちづくりをどうすべきであるかは誰にも直接にはその責任や方法を知り難いことだからだと思います。
いわゆる、自分に直接降り掛からなければどうでも良いことこそが一番複雑で難しい問題であると言えるでしょうね。
ですから、その何か偶然のきっかけが必要なのです。
そのきっかけについて、関心がある人たちで話し合い、実行していけることが本業にすることができれば、私はきっと最高の喜びに違いないと思っています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら