1歳の長女に、「しろくまちゃんのほっとけーき」という絵本を購入しました。その絵本の間に、こぐま社のバースデーカードを申し込みませんか?という葉書があり、申し込んだら、毎年、バースディカードが届くようになりました。人件費も切手代もかかるのに、毎年です。
絵本をたくさん取り扱っている「こぐま社
毎年、長女の誕生日に合わせて、ハガキが届くのを楽しみにしていました。かわいいイラスト付きのハガキでした。

出典Satomi Nakano

長女が10歳の誕生日。いつもはカードだけなのに、今回はこぐま社からのお便りも入っていました。これは10歳になった長女へのお便りでした。

出典Satomi Nakano

お誕生日おめでとうございます。
何年も前の今日という日に、あなたはこの世に誕生しました。
それからしばらくして、ご家族のだれかが、こぐま社の絵本をあなたに読んでくださるようになり、絵本にはさんであった読者カードをこぐま社に送ってくださって、私達はあなたの誕生日に「おめでとう!」のことばを届けられるようになりました。
今までお送りしたバースデーカードは、あなたがずっと絵本と友だちでいてくれたことへの、こぐま社の感謝のしるしでした。もう大きくなったみなさんの中には、毎年楽しみに待っていてくれる人、ちょっと子どもっぽいんじゃない?と思いはじめた人・・・・・・、いろんな人がいると思います。

私たちが、バースデーカードを送りはじめてから、40年以上の月日がたちました。はじめはそれほどおおぜいではなかったのですが、今では一年間に30万人以上の子どもたちにカードを送り続けています。そして、毎日その数はふえています。

そこでこぐま社からお願いがあります。大きくなったあなたから、これから絵本と出会う小さな子どもたちへ、バースデーカードを受け取る楽しみをゆずってあげてくれませんか?

でも、「私はもう大きいけれど、バースデーカードを楽しみにしています」という人は、どうぞえんりょしないで、そのことを手紙やハガキに書いて、私たちに知らせてください。楽しみにまっていてくれる人にバースデーカードを送るのは、私たちにとっても本当にうれしいことなので、来年もかならずお送りします。まっていてください(あなたの誕生日と連絡先の電話番号を必ず書いてくださいね)

これから大きくなっていくにつれて、きっと今までよりもいろいろな種類の本に出会うことがあるでしょうが、勉強やスポーツや、さまざまな楽しみも増えて、本からしばらく遠ざかることも、きっとあると思います。でも、もし、あなたがこまったときや、何か知りたくなったとき、誰かに相談したいときは、その相談相手として“本”があることも、どうぞ忘れないでいてください。

本の中には、何百年も昔から生きてきた人々の知恵や知識やおもしろい考えが、
いっぱいつまっています。きっと本があなたの力になってくれるときがあると、私たちは信じています。

こぐま社

出典Satomi Nakano

名前や、誕生日の年月日は、印刷ではなく手書きです。1人1人手書きというのも嬉しかったです。


私は、独身の時、産婦人科の先生に子供ができにくいかもと言われたことがあります。当時、お付き合いをしていた夫が、それでもいいと言ってくれました。できにくいと言われていましたが、授かり婚で結婚しました。夫は、立会い出産をすると、出産をとても楽しみにしていました。


長女は、常位胎盤早期剥離で、緊急帝王切開で産まれました。大出血からの緊急帝王切開でした。出産後、すぐには泣かなかった長女。今、思い返せば、とても危険な状態だったと思います。医師から、あと15分遅ければ・・・と言われました。

常位胎盤早期剥離の母体死亡率は4~10%、胎児死亡率は30~50%といわれており、赤ちゃんだけでなくママの命も脅かしかねない危険な状態といえます。

出典 http://192abc.com

医師や看護師、たくさんの方が助けてくれた。

常位胎盤早期剥離は、 0.3〜0.9%くらいの頻度で起こるといわれています。100人の妊婦さんがいたら、1人、なるかならないかです。パーセンテージは低いとみるか、高いとみるかは個人によって違いますが、胎児のみならず母体にまで悪影響を起こすのが早剥の怖いところです。

長女は、たくさんの方の助けがあったからこそ、ここにいます。それは私にとっても、同じこと。私の命も助けてもらいました。

誰にとっても、誕生日は特別な日。特別な日に、こぐま社から届くバースディカードは、親の私にとっても、とても嬉しいものでした。

10年間、10年間ありがとうございました!

この記事を書いたユーザー

Satomi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • おでかけ
  • 育児
  • グルメ
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら