命のバトンリレー

97歳になる、夫の祖母のお見舞いに、家族で行ってきました。そこで、7歳の長男(私の第4子)と、おばあちゃんが握手したのです。年の差、90歳!もう、私達のことは、わからないけれど、うん、うんと、おばあちゃんはうなづいていました。

「ひ孫だよ。わかる?」
うん、うん。

精一杯生きて、命がもう消えてしまいそうなおばあちゃんと、これからを生きる長男。手を合わせ、命のバトンをもらったような気がしました。お見舞いに行った日は、長男の7歳の誕生日でした。
帰りに義両親とご飯した時、義母が、
「もう、はる君は生まれたのかな?」
「12時1分に生まれたんですよ。」
「そうだった。昼ごろだったな」
そんな会話を夫としました。

長男は甘えん坊で、お調子者。いつも家族を笑わせてくれます。笑わせる為に、ここにやってきてくれたの?長男が考えて、そうしてくれているの?私が泣かないようにって、三女がそうしてくれたの?

6年間の間に4回の帝王切開を経験

独身の時に診てもらった産婦人科で、子供ができにくいかもしれませんと言われたことがあります。4姉妹で育った私は、子供は多い方がいいよねと思っていましたから、産婦人科医に言われた言葉に、大きなショックを受けました。当時、お付き合いをしていた夫が、
「子供はいたらいたでいいけど、いなくてもいい。子供が欲しいから結婚するわけじゃないよ。」
と言ってくれて、その言葉にどれだけ救われたか・・・


子供ができにくいと産科医に言われましたが、2年後、授かり婚で、私達は結婚しました。夫も、私も、子供が大好きだったので、子供は何人いてもいいねと話していました。妊娠できれば、なんのトラブルもなく出産できるとばかり思っていたのですが、一変します。痛みもなく大出血し、常位胎盤早期剥離で緊急帝王切開。立会い出産を楽しみにしていたのに、願いは叶いませんでした。でも、そんなことよりも、私、特に長女が助かったのは奇跡に近いと思います。あと15分遅かったら・・・医師に言われました。

安定期に入ってからは順調に妊娠期間を経ると、お腹の大きい状態にも慣れて、あと少しで念願の赤ちゃんに会える!と安心してきますよね。しかし、無事に分娩が終わるまでは何が起きるかわからないもので、いつ誰にでも起きるリスクのある怖い症状もあります。その一つが、常位胎盤早期剥離です。発症頻度は少ないですが、赤ちゃんやママの命の危険もあります。

赤ちゃんは胎盤を通じて栄養や酸素をもらっていますが、胎盤は通常、分娩後15~30分程度で自然に子宮から剥がれて外に出てきます。ところが、何らかの原因で、赤ちゃんがまだお腹の中にいるうちに、胎盤が子宮の壁から剥がれてしまうことを常位胎盤早期剥離といいます。胎盤が剥がれると子宮壁から出血し「胎盤後血腫」という血の塊が、子宮壁と胎盤の間にできます。常位胎盤早期剥離は、赤ちゃんのみならず母体にまで影響を及ぼす怖い疾患ですが、0.3%~0.9%の確率で起きるとされています。なお、正常の分娩経過中に病院内で突然起こることもあれば、臨月前に突然起こることもあります。

出典 http://192abc.com

大出血からの緊急帝王切開で出産しましたが、手術の痛みよりも、長女がかわいくて、かわいくて、早く、次の赤ちゃんがきてくれればいいなと思いました。常位胎盤早期剥離は、繰り返してしまう危険があるため、大学病院へ転院し、2人目、3人目と既往帝王切開で出産しました。

三女を生後38日でお空へ

大切な我が子。大事な我が子なのに、三女は生後38日でお空へ行ってしまいました。解剖の結果、死因は不詳と書いてありました。原因がわからないのは、SIDS。ついさっきまで、おっぱいをあげていたのに、この手で、もう抱けないなんて・・・ストレスなのか、夢の中にいるようなフワフワめまい、ずっと絞められているような閉塞感、体調不良が続きました。なんで私が生きているのだろう、私がちゃんとしてないから死んじゃったんだ。私が母親じゃなかったら、生きていたかもしれない・・・と、自分を責めました。責めているから、生きていられたのだと、今、思います。


もう1人赤ちゃんが欲しくて、次の子が、三女の命をつないで欲しいと思って、4回目の帝王切開をしようと決めました。長男が、お腹に来てくれた時は、すごく、すごく嬉しかった・・・性別を聞いていなかったので、生まれた時、男の子と聞いて、女性から異性が産まれる神秘に、感動しました。長男は三女の代わりではないけれど、長男が生まれた時、三女の命がリレーされたと、そう感じました。実は、三女を亡くした時、男の子になって生まれ変わるようなイメージが私の中にあったのです。とっても不思議な話ですが・・・

第4子を出産した時のブログ

無事に

皆さんから頂いたメールや祈りが伝わってきて、すごく落ち着いて手術に臨めました。手術室に入って1時間もしないで、赤ちゃんが産まれました。前日の診察で2500グラムあるかないかという話でしたが、2614グラムの男の子が元気に産声をあげてくれました。私の腕に青のストラップが付くのって不思議なかんじがしてます。チンチン見るまで信じられないというか(笑)

手術中はやはり、息苦しく気持ち悪かったです。でも、3回の経験があるから要望を言っていろいろなことを叶えてもらいました。手術の話はまた後で書きたいと思います。術後、執刀した先生に元気ですね~とさっき言われました。子宮の戻りは前回よりいいみたいです。癒着はあったけどお腹の中はキレイ、でも赤ちゃんが透けて見えたから、次の妊娠はダメじゃないけど、かなり危険と言われました。今、元気にしてるからか、次の日に貧血を起こして立って歩けないんですけどね。明日、歩けますように。

赤ちゃんが病室まで来てくれて、赤ちゃんを取り上げて下さった助産師さんに写真を撮ってもらいました。こんなに早く会えるとは思っていなくて嬉しかったです。お姉ちゃん達に似てるね。
友達から、
「3人育てたプロでも、男の子は大変だぞ」
「お姉ちゃんと同じように育てても、異性だからかすごくかわいい」
と言われました。未知の男の子のママ、初心に返って大事に育てようと思います。優羽が亡くなり、男の子になって還ってくると思った私の考えが通じたのか、男の子と聞いて、手術台で泣きました。
優羽の力を感じました。
男の子になってパパとママを支えてくれるんだね。
ありがとう。

皆さん、ありがとう。

出典 http://daisuki-minna.jugem.jp

三女を出産する前の日の夜

私は、3回目の帝王切開の時、出産前夜に自分の想いを書いていました。帝王切開は3人までといろんな方から言われ、最後の出産かもしれないと思っていました。何かメッセージを残したかったのでしょう。

3人目はあっという間に臨月になったってかんじ。あまりお腹は張らなかったけど、張った時は怖くて、怖くて・・・早剥かな-とか、保育園のお迎えどうしようとか、救急車を呼んだ方がいいのかな-とか。無事に入院する日までこぎつけた-ってかんじ。

主治医の先生の話は、とてもわかりやすくユーモアに富んでいて面白い。話しててもやっぱし、リスクは高い訳だから怖い。早剥の怖さ、手術の怖さ・・・

あたなが大きくなった時教えてあげたい。ママ、怖かったけど頑張ったよって。
もうすぐ、この世に誕生する赤ちゃん。パパとママとの間に産まれてきてくれてありがとう。とってもとっても嬉しかったよ。

美羽がいて咲羽がいて、とても賑やか。おせっかいやきのお姉ちゃん達だよ。うざいかもしれないけど、我慢してね。家はあなたが大きくなる頃には新しい家。広い庭。3人が走り回っている姿が目に浮かびます。

どうか、どうか無事に産まれて欲しい。
本当に、ただそれだけ。

今回もお腹の赤ちゃんにメッセージを書こう。
いつか、そのメッセージを見せてあげられるように。

出典 http://daisuki-minna.jugem.jp

長女、次女は、お姉ちゃんになるのを楽しみにしていたのにね。ごめんねと謝るしかありません。三女と、この世で一緒にいられないのは、本当に寂しいし悲しいですが、いつも感じているので、ママは大丈夫だよ。ってお話ししています。

三女に、このメッセージを実際に読んで聞かせることはできません。でも、姉弟の長女や次女、長男に、私の想いを伝えることはできます。三女の代わりに、いつか、3人の子供達に聞いて欲しいです。


4回目の帝王切開は、不安でいっぱいでした。たぶん、周りの人も。私の両親や、特に義母に、特に心配をかけました。心配をかけたからこそ、喜ばせたい気持ちもありました。第4子、長男を無事に出産できてよかった・・・

出典Satomi Nakano

あなたが伝えたいことは?

「私たちは、どうでもいいことにとらわれ、どうでもいい話ばかりをしている。本当に伝えたい話を家族でしていますか?」
以前に参加したコーチング。その時の講師の方がおしゃっていました。その方は、地震にあって死んでも、悔いはないというお話をしていました。夫にも、子供にも、伝えたいことを毎日伝え、愛しているということを2人に言っていると。衝撃を受けました。私も、そう生きたい。天災や事故は、自分ではどうにもならないことで、突然やってきます。明日がやってくる保障はないのです。

愛している人に、愛していると伝えよう。

大切な人に、大切に想っていると伝えよう。

今すぐ、伝えよう。

別れてしまう日は、明日かもしれないのだから・・・

この記事を書いたユーザー

Satomi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら