長男が久々のお熱で、2日学校を休みました。長男の隣に、ゴロンと横になって、自分の体を声を聴く時間にしました。


ああ、足が筋肉痛だな。昨日、つま先で歩いたからだな。
腕がだるいなー。土、日、友達の、ちゃんやお子さんを抱っこしたからだなぁ。


・・・あ、そうか。我が子を、抱っこしなくなったということか。あんなに、抱っこ、抱っことせがまれて、1日中、抱っこやおんぶして、肌をずっと密着していたのに。抱っこしても、腕が痛いなんてなかったのに。


甘えて、抱っことはくるけど、ずっとなんて、もうない。あの、あったかい、やわらかい感触のあの時は過ぎ去ってしまった。少しずつ、少しずつ、いろんな「してあげていたこと」がいつの間にか、自分1人できて、「見守る」ことが多くなってきたから。我が子は、自分の力で、歩いている。今まで、甘えてきたのを力にして、1人で歩き出しているんだなぁ。


子育てって、お母さんが想像する以上に、いろんなことがある日突然、終わりが来る。
この前、オムツが終わったと思ったばかりなのに。早く1人で寝たい。起こされずに寝たい。抱っこが辛い、おんぶが辛い。1人の時間が欲しい。私も、ずっと、想ってきました。でも、実際、その時が来るのは早いと感じています。

しんどいこともいっぱいあったけど、やっぱり幸せな子育て

美容室で、カラーの待ち時間で雑誌を読みました。くわばたりえさんの育児相談が書いてあり、詩が掲載されてありました。赤ちゃんがこんなに泣くとは知らなかった。育児がこんなに大変って知らなかった。とにかく赤ちゃんのこと知らないことだらけで、大変という詩。でも、愛おしいわが子の愛情の詩。


初めての育児って、悩みながら迷いながら。育児にこれが正しいってないから、本当に悩むし迷う。育児って自分の思い通りにいかないことばかり。私もそうでした。


あの、寝不足だった毎日を、家事のことでイライラしていた朝を。バタバタとかきこんで食べたお昼を、ぐずって仕方がなく、なにもできなかった夕方を。自分のことはあとまわしで、髪も服装も、どうでもよかったあの時を、思い出しています。


あの日があったから、子供達が大きくなってから、
「ママ、頑張ったね。」
ギュッと、抱きしめて、そう言ってくれました。しんどいこともいっぱいあったけど、やっぱり育児って幸せなことと思います。

子育ては、完璧じゃなくていい。周りに人に、助けてもらいながら、可能な限りベストを尽くすだけ。

子育てで悩んだ時、助けられた文章があります。ノーバディズパーフェクトというカナダが作った子育てのテキストです。

はじめから一人前の親などいません。
皆、まわりから助けを得ながら親になっていくのです。
人間はみんな欠点を持っています。完璧な人間などどこもいません。
完璧な親や完璧な子どもなど、存在しないのです。
ですから大事なのは、可能な限りベストをつくすことです。
そして必要なときには、周りから助けを借りることです。

出典 http://ccc-npnc.org

普及版~カナダ生まれの子育てテキスト~『完璧な親なんていない!』

完璧じゃなくていい。可能なかぎりベストを尽くすだけでいい。この言葉を読むだけで、この子育てでいいんだと、思えるようになりました。少し自信が持てました。すると、悩んでいたことが、なくなっていったのです!完璧を求めたら、NGなことばっかりだけど、完璧じゃなくていいと許せば、いろんなことがOKに変わっていきました。

「完璧じゃなくていいんですよー!」

子育てに悩んでいるお母さんに伝えたいです。

この記事を書いたユーザー

Satomi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら