腰塚勇人さんのことを、保育園の講演会で知りました。命の授業という本を出されています。

~「30万人が泣いた奇跡の実話」~

「一生、寝たきり」と宣告され、自殺未遂までした中学校の教師が、
家族や生徒の応援と、感謝の心により、復活を遂げる奇跡の実話。

2002年3月1日…。人生を大きく変える出来事が起こりました。
それは、首の骨を折って「首から下がまったく動かなくなったこと」です…。

はじめまして、腰塚勇人(こしづか はやと)です。
「事故」を起こして、病院のベッドで寝ているとき、
首から下が動かない私にできることは、
たとえ動けなくても「花」のように、接する人々の心を幸せにすることだけでした。

でも、それを実践していたら…、「奇跡」が起こりました。

いまだに、右半身はマヒで思うように動きませんし、
下半身にはあまり感覚がありませんが、
すこしずつ手足が動き始めてくれたのです。

そして、自分で「5つの誓い」を決めました。

【1】口は……人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう…
【2】耳は……人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう…
【3】目は……人のよいところを見るために使おう…
【4】手足は…人を助けるために使おう…
【5】心は……人の痛みがわかるために使おう…

この事故のおかげで、今まで「当たり前」と思っていたことに、
「感謝」と「幸せ」を見つけることができました。

今、私は人生の中で、一番幸せです。
心から、そう思えるようになりました。

だから、私は「この事故」に感謝しています…。

出典 https://www.amazon.co.jp

出典 YouTube

出典 YouTube

一生、寝たきりか、よくて車イスの生活
それはスキーで転んで「首の骨」を折ったことです
救急車で病院に運ばれました
そのとき、お医者さんは奥さんに「たぶん、一生、寝たきりか、よくて車イスの生活になるでしょう」と言いました

手術は成功しました
しかし・・・、1週間たっても首から下の「手足」は、まったく動きませんでした
毎日、「どうやったら死ねるか・・・・・・」そればかり考えていました
本当は、生きていたかった・・・・・・
でも、「生き方」がわからなかった・・・・・・

何があっても、ずーっと一緒にいるから
「何があっても、ずーっと一緒にいるから・・・・・・」奥さんの言葉・・・
お母さん。「代われるものなら代わってあげたい・・・

先生、待っているから
「先生、待っているから・・・・・・」仲間と生徒たちの言葉・・・
「優しさ」と「強さ」をもらったときでした・・・
「1人じゃない」って・・・・・・
「生きなきゃ」って・・・・・・

出典 http://inochi-jyugyo.com

腰塚さんのブログを読むようになりました。私も病気になり、腰塚さんの考えることと、とても似ていたからです。

「今まで当たり前と思っていたことに、感謝と幸せを見つけることができました。」
本当に、そう思います。


腰塚さんのブログのヘッダーに書いてあること。

「命が大切 命を大切に 何千回、何万回言われるのと同じくらいあなたが大切。この言葉に 命は喜び 生きる力が湧いてきました」

私が書いているブログのアクセス解析を見ると、上位10位には、必ず、“急に気持ちが悪くなる”とか“急にめまい”が入っています。


自分は病気なんじゃないか?
ただの疲れだったのか?
どこの病院に行ったらいいのか?
普通じゃないんじゃ・・・
藁にもすがる思いで、検索している方が多いのですね。

社会再適応尺度をご存じでしょうか。1967年、社会学者トーマス・ホームズと内科医レイらは、過去の患者さんに関する研究から、「社会的再適応評価尺度」という研究を発表しました。


1、配偶者の死 ストレス値100
2、離婚 ストレス値73
3、夫婦の別居 ストレス値65
4、留置所などへの拘留 ストレス値63
5、家族の死 ストレス値63



39、家族だんらんの変化 ストレス値15
40、食習慣の変化  ストレス値15
41、長期休暇 ストレス値13
42、クリスマス ストレス値12
43、軽度な法律違反 ストレス値11


楽しいと思われる、クリスマスや長期休暇も、少しストレスがかかっているのがわかります。ストレス値が150点以下だと、向こう1年間で病気になる確率が37%。ストレス値が301点以上だと、向こう1年間で病気になる確率は80%になります。301点といっても、誰かが決めたメモリです。少なくても症状が身体に出る方もいますよね。


私もですが、知らず知らずのうちに、ストレスという積み荷を自分で上げてしまったのです。アレルギーはよくコップに例えられていますが、ストレスも同じような感じだと思います。あなたのコップからあふれてしまった。それは体調の悪さとなって、教えてくれたのです。



このままじゃ、ダメだよ。
無理だよって。



薬で症状は、抑えられます。コップからあふれないように、ぎりぎりで止めてくれます。
そこから、メモリを減らしていくのは、環境でも誰かの力でもなく、自分自身なんだと気が付きました。薬で症状を抑えるのは大事。でも、薬では治らないんだと、2010年に症状がでて、2011年に病気がわかり、そこから治療してみて、わかったことです。


自分で高く積んでしまったストレスの積み荷を下ろす作業は、
「どうして、この病気になってしまったのかわからない。」
という人には、時間がかかるかもしれません。


まずは、休めるなら休む。そして、そのうち自分と向き合えるようになって、見えてくるものがあると思います。私も、自分と向き合っている途中です。見えてきたことがたくさんあります。知らず知らずに病気になったと思いましたが、自分自身で病気にしてしまった部分もあると思います。


症状が強く出る前に、具合の悪さはあったはずなのに、心配されるのが嫌だから、隠した。もっともっと気を付けてあげなくてはいけなかった。自分のことを。


この病気では死なない。これは、本当によかったことです。まだ死ねないし、何より子供のために、元気でいたい!

私はパニック障害と、6年前に診断されました。振り子のように、体調が揺れる病気だと言われていますから、すごく悪くなれば、すごく体調が良い時もあり、治ったかもと喜んだのもつかの間ということもあります。


でも、振り子のように、体調の良い悪いは、少しずつ、揺れ幅が小さくなります。少しずつ。


症状は、みんなと同じ、というわけではないので、あなたの辛さは、あなたしかわかりません。でも、悩んで苦しんで、私のブログを読んでいるあなたに伝えたい。

あなたが大切

あなたが大切と言える私自身にも、言ってあげたい。


「あなたが大切。何度でもあなたに言ってあげたい。」



ある方が、「あなたのために」とバラの花束を下さったことがありました。「あなたのために」というのが、すごく嬉しくて・・・バラを見ていたら、苦しんでいるあなたにメッセージを送りたくなりました。



「あなたが大切。何度でもあなたに言ってあげたい。」

この記事を書いたユーザー

Satomi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら