記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
気になる子ども日焼け…自分ケアできない小さな子どもの場合、親はどうすればいいのでしょうか。

今回のテーマは「子どもの日焼け」です。医師に話を聞きました。

子どもが紫外線を浴びることはよくないのでしょうか?

子どもの肌は薄く繊細であり、紫外線によって皮膚の細胞を破壊されることによって、将来的な皮膚がんや、白内障の発生の確率を高めてしまうことがあると考えられています。

以前は、母子手帳などに「日光浴を推奨する」といった文言が書かれていましたが、現在はオゾン層の破壊などに伴って紫外線が強まり、より肌に悪影響を与えやすいということで、そういった文言は削除されています。

一説によると、子どもは、18歳までに生涯の半分の紫外線を浴びるともいわれており、現在では、幼い頃から、紫外線より肌を守る習慣をつけることが非常に大切と考えられます。

子どもの日焼け止めを選ぶときに気をつけるべきことはありますか?

日焼け止めにも多種多様なものがあります。赤ちゃん用、子供用など年齢にあったものを選ぶのはもちろんのこと、肌の弱い子どもには学童期であっても敏感肌の赤ちゃん用を使用するなどといったことも考慮してもよいでしょう。

日焼け止めは、紫外線吸収剤、あるいは紫外線散乱剤が含まれています。紫外線吸収剤は、肌に負担がかかりやすいので、出来ればこちらは含まれておらず、紫外線散乱剤のみ配合されたものを選びましょう。

SPF、PAに関しても極端に高いものは肌に負担がかかりやすい傾向があります。あくまで日常生活ではそれに適応したもの、ビーチやアウトドアスポーツではそれに適したものを使用するといいですね。

赤ちゃんの日焼け対策はあるでしょうか?

子どもがまだ、歩き出す前の年齢の場合は、保護者の行動で対策できることが多いです。
そもそも日差しのもっとも強い時間帯に出歩かないようにする、やむを得ず外に出る場合にはしっかりベビーカーにシェードをかけたり、日陰を通るようにするといった配慮が大切です。

歩きまわる年頃の子ども、日焼け対策はあるでしょうか?

自分で歩くことのできる子どもの場合、以下のようなこと考慮するといいです。
・暑いからといってあまり露出の多い服装をさせない
・薄手の白っぽい、風通しや汗の吸収の良い長袖、長めのボトムスを選ぶ
・外遊びの時間帯を涼しい時間帯にずらす
・外での滞在時間をある程度制限する

もちろん、紫外線対策と熱中症の対策を兼ねて、帽子は必ず忘れないようにしましょう。

≪最近、シミ・そばかす増えていませんか?≫
気になっている方は【シミ・そばかす】診断してみましょう!

最後に医師からアドバイス

以前は、夏場は子供は真っ黒に日焼けしているのが健康的、と考えられた時代もありました。しかし現在は紫外線の短期的・長期的な害が広く知られるようになり、子供から紫外線対策をすることが好ましいと考えられています。

特に真夏の公園の日差しは、水ぶくれを作るほど強力な場合がありますので、しっかり対策していきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス