野良犬だった子犬を拾って育てることに

フィリピンのミンダナオ島の都市サンボアンガに暮らしていたルディさんは、野良犬だった雌の子犬を拾って育てることにしました。体にブチの模様が入っていたことで、フィリピン語でブチを意味する「カバン(Kabang)」と命名。ルディさんの9歳の娘のディナちゃんのペットとしてかわいがりました。ルディさん一家は貧しいながらも幸せに暮らしていたのです。

2011年12月のある日、娘のディナちゃんはその従妹(3歳)を連れて、市内の交通量が多い道路を横断しようとした時の事、2人に向かって1台のバイクが突進してきたのです。

すると愛犬のカバンがまるで2人を守るかのように、バイクに体当たりしたのです。その結果、2人はかすり傷ですみましたが、カバンはバイクの前輪に顔が巻き込まれて大怪我を負ってしまいました。周囲の人たちが前輪に顔を挟まれたカバンを引っ張り出したのですが、カバンはどこかに走り去って行ってしまいました。

目撃者の話では、「2人はバイクが向かってきていることに気が付かず、道路を横断した。でも、犬がそのことに気が付き、まるでバイクを止めようとしたかのように向かって行った。あまりに咄嗟の出来事で、我々は何もできなかった。もし、犬がバイクに突進していなければ、少女たち2人は大怪我をしていただろう。」と事故の状況を語っています。

出典 http://tsunayoshi.tokyo

大怪我をしたカバン

ルディさん一家がカバンはもうどこかで死んでいるのだろうと諦めかけていたのですが、事故から2週間が経ってカバンが自宅に戻ってきたのです。

カバンは、前顎と鼻を失う大怪我をしていました。急いでカバンを動物病院に連れていきました。その結果、傷口は感染症を起こしており、このままではいずれ死んでしまうというのです。しっかりした治療を受けさせるには、大金がかかります。

気持ち的には、娘たちを助けてくれた命の恩人であるカバンをなんとかしてあげたいのですが、ルディさん一家にはそんなお金の余裕がありません。傷口がこれ以上化膿しないように、抗生物質を与えることで精一杯でした。

出典 http://www.rappler.com

事故から2週間後に戻ってきたカバン

‘カバンに救いの手を‘と募金活動が始まり世界中から善意の寄付が

出典 YouTube

世界中でカバンのことが放送された

カバンのことは、フィリッピンのヒーロー犬として、世界でニュースになりました。

2012年2月、そのニュースをインターネットで知ったアメリカ・ニューヨークで看護師をしているカレンさんがカバンに顔の手術を受けさせてあげたいと "Care for Kabang(カバンに救いの手を)”という募金活動を始めたのです。そして、その活動に賛同した「Animal Welfare Coalition(動物福祉団体)」が協力してくれたおかげでわずか4週間で、目標金額の募金が世界中から集まったのです。

とうとうカバンは顔の治療と整形手術を受けられるようになりました。

出典 http://www.dailymail.co.uk

治療と手術がうけられるようになったカバン

カバンにすべての治療を

2012年10月、カバンはアメリカで治療と手術を受けるために渡米しました。カバンはフェラリア(心糸状虫)に感染していたのです。更にガンにも侵されていました。そのため、渡米1週間後にまずはその治療として化学療法から始められました。そのような状態であったため、カバンの顔の手術は2013年3月まで延期されたのです。

結果、2013年6月には、カバンはすべてを克服して退院できたのです。これらの治療費総額は$27,000(約300万円)にも及びましたが、世界47か国の人々からの善意の寄付で賄われたのです。

出典 http://www.dogheirs.com

すべての治療+手術を施されたカバン

長い闘病生活から解放されフィリピンに無事帰国

残念ながら、上あごの再建はできませんでしたが、体の皮膚を顔に移植し、食事はできるようになりました。味覚も臭覚も取り戻すことができました。

カバンは2013年6月8日、長い闘病生活から解放され、無事フィリピンに戻ることができました。

出典 YouTube

無事、フィリピンに帰国できることになったカバン

人々の善意によって普通の暮らしができるまでに回復

カバンは、その後は何も治療を受ける必要はなく、外見こそ普通の犬ではなくなりましたが、食事も普通にとれ、普通に遊べ、普通に暮らせるまでに元気になりました。

カバンは少女たちの命を救ったヒーロー犬として世界中の人々から称賛され、そして善意の募金によって、ルディさん一家の元で幸せな生活を再び取り戻すことができたのです。

出典 http://www.rappler.com

無事フィリピンに戻ることができたカバン

最後に

これほどの大怪我を負って、2週間も何も治療されることもなく生きて戻ってきたカバンはもともと生命力が強い犬だったのでしょう。少女たちの命を救った勇敢な犬として、今度は人間たちによってカバンの命が救われることになりました。

もしも、カバンが事故から少女たちを救っていなければ。。フェラリアにかかり、ガンに侵されたカバンは、いったいどうなっていたのでしょう。。運命のすごさを感じます。カバンが少女たちの命を救ったことで、顔の半分を失ってしまったのですが、それによって善意の募金が集まったことで、自らの命もつなぐことができたのですから。。

これもカバンの生まれ持った生命力の強さだといえるのではないでしょうか。


このように犬は時として、飼い主を自らの命を顧みず守ろうとする習性があります。それなのに人間の中には、自分たちの都合で気軽に犬を捨てたり、まだ生きられる犬たちを殺処分する運命に追いやってしまう習性を持っている人が多いのです。これは本当に恥ずべき行為です。犬以下の行動をとっている時があるのです。私たち人間は、真剣に考えなおさなければならないのではないでしょうか。。

出典 http://www.dogheirs.com

ヒーロー犬カバン

参考資料

他にもこんな犬のお話しが。。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス