好きな色は知っているけど、自分の似合う色を知りたい。着て、楽な服は知っているけど、自分の体形に合う服装を知りたい。子供の手が離れ、公園に行くこともなくなり、どろんこの手で抱っことせがまれることも少なくなり、そろそろママ仕様の服じゃなくてもよくなってきて。となると、何を着ていいかわからない!持っている服は、チュニックばかり。年相応のオシャレって、なんだろう?女子力のない私。服装で悩むことが多くなりました。

出典Satomi Nakano

「好きな服を着ればいいじゃん。」
と言われそうですが、美術短大からずっと、汚れても良い服ばかり着てきたので、好きな服って、どういう服だったけ?そんな話を友達にしたら、私も!私も!悩んでいるよって。オシャレな洋服雑誌と無縁できたので、ホント、わからないのです。さんざん悩んで、いつもと同じような服を着たり、浮いちゃうとヤダから、着たことがない色の服は着られない。冒険ができずにいました。


そんな時に、知り合いの方が、「パーソナルカラー」「骨格診断」で変わっていく姿を見て、私も受けてみたくなり、行ってきました。講師を選ぶにあたって、この資格を極めている人で、いろんな資格をずらずら書いていない人。年齢が近くて、がっつりブランド服でかためていない人。そしてブログが読みやすくて、わかりやすく説明している人を選びました。

出典Satomi Nakano

布を顔に当てるだけで、肌がこんなに変わるなんて!モノトーンが好きな私は、着る服は、白か黒ばかり。色でこんなに変わるなんてと衝撃を受けました。似合う服装は、私が好きなタイプだったので、取り入れやすかった。でも、シャツはズボンにインして、ベルトをした方がオシャレですよと言われました。今までだったら、絶対に、シャツをズボンに入れない。でも、入れた方が、オシャレ。実際、試着してみると、見たことがない私だから、脳が混乱(笑)脳が拒否する!


でも、見たことがないだけで、やってみているうちに、それが「いつもの自分」になっていくんですよね。当たり前になっていく。


子供の手が離れ、これから何を着ていいかわからない方、「パーソナルカラー」「骨格診断」面白いですよ~。自分のベストカラー、どんな服装が1番自分に似合うのか、知ることができます。

今回、パーソナルカラーの資格を持っている人を探すのに、「資格をズラズラとプロフィールに書いていない人」を探しました。いろんな資格を持っている方は、いろんな知識があって、素晴らしいことだと思いますが、資格を取ったけど、その資格を活かした時間は短いのかなーとか。他の資格で仕事もしているのだから、経験は浅いのかなと思いました。資格がいっぱいあるからといって、お客様に選ばれるのではないということ。


代々大工の家系で5代目の夫。小さい頃から、大工、まっしぐら。寄り道もせず、ずっと大工。こういうところも、お客様から選んでもらえる重要なポイントなんでしょうね。資格がいっぱいあれば、お客様に安心感を持ってもらえると、思いがちだけど、そうじゃないこともある。何事も、実績。その道を、ずーっと歩いてきた職人さんの方が、よっぽど、安心感がありますね。


何か、資格を取りたい!と思っていた私。資格がたくさんあっても、活かせないとなんのための資格なのか。自分の自信をつけるのに、資格を取りに行っても仕方ないですね。

この記事を書いたユーザー

Satomi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス