記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
痔の疾患の主原因はうっ血。つまり血液がうまく流れず、溜まってしまう症状です。

なぜ、うっ血してしまうかというと、二本足で立つ生活をしている人間の肛門部は、心臓よりも低い位置にあります。つまり、肛門部に網目状に張り巡らされている静脈に圧力がかかってくるので、うっ血が生じてくるのです。

痔疾患が女性に多い理由と、痔の種類

便秘・妊娠など、さらに子宮に炎症を起こした場合にも起こりやすくなります。
また、男性も含め、肝臓や腸の炎症(アルコールや刺激物などのとりすぎや下痢傾向)のほか、血管にアレルギー反応を起こした場合や、心臓の働きが鈍った場合でも起こります。

血行を改善することは勿論、薬などで痛みを抑えることは必要なのですが、痔は大きく分けて3つの種類に分けられます。

・裂肛(れっこう)
肛門の粘膜が切れる痔。いわゆる「切れ痔」。女性に多い。
肛門の粘膜や皮膚が傷つくので、排便時に強い痛みがあるのが特徴です。便秘をしないよう、トイレを我慢しないようにすることが大事。

せっかくの排便のチャンスを失って、便が硬く太くなってしまうと、裂肛は余計に悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

・痔核(じかく)
いぼのような静脈瘤ができる。肛門の内側にできる「内痔瘻」と、肛門の外側にできる「外痔瘻」がある。内側にできる「内痔瘻」は痛みも出血もほとんどないのですが、やっかいなのが外側にできる「外痔瘻」です。

肛門の外側に出てくるようになるので、やがては 指で戻さないと元に戻らないという「脱肛,だっこう」の状態になってしまいます。痔核は症状が良くなったり、悪くなったりします。

・痔瘻(じろう)
肛門に小さな穴が開いて膿が流出する。
痔瘻は肛門の周囲膿の出る穴ができている状態なので、肛門部の汚れが出てくるようになります。肛門の周囲の膿の出る穴は肛門の穴と直結してるので、その穴から膿や粘液、ガスが出るためです。

穴がふさがり、膿が中に溜まってしまうと、腫れて痛みが生じて気ます。痔瘻は、残念ながら自然に治ることがありません。早めの手術が肝心です。

≪日本人の3人に1人がなっている痔≫
あなたは大丈夫ですか?【痔のなりやすさ】診断

最後に…

いかがだったでしょうか。たかが痔と軽視できないことが伝わればと思います。
がんなどの悪性の病気が隠れていることもあるので、お尻の悩みを抱えている人は、ぜひ肛門科へ。

【supported byiMedi】

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら