ルイボスティーとは?

皆さんも一度は聞いたことのある【ルイボスティー】。
最近は、カフェや自宅でも気軽に飲めるお茶の一つとなっていますね。実はすごい力をもっていて、私たちの体に健康をもたらしてくれる魔法のお茶なんです。今日はそんなルイボスティーの魅力をご紹介いたします。

「ルイボス」とは、現地の言葉で「赤い茂み(Red Bush)」を意味します。
ルイボスティーは紅茶や緑茶、中国茶等の「お茶」とは全く種類の異なる飲み物です。ルイボスティーは豆科の低木(いわゆる“しげみ”)の松の葉のような針状の葉の部分で、学名をアスパラサス・リネアリスといいます。古くより南アフリカの先住民の間で日常的な飲み物として親しまれる一方で、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、日々の健康のために飲まれ続けてきました。

出典 http://www.rtroom.co.jp

ルイボスティーって南アフリカ生まれなんですね。乾燥した30度以上の温度差の高い場所でしか育たないため日本での栽培は難しそう。
乾燥させた葉は健康茶としてはもちろん、リキュールとしても皆に楽しまれているらしい!

ルイボスティーの魅力!

1.ほんのり甘く飲みやすい

Licensed by gettyimages ®

葉の色は紅茶のように赤く、見た目も赤い!味は、ほんのり甘く爽やかでとても飲みやすいのが特徴です。しかもノンカフェインだからリラックスタイムも安心して飲めちゃいますね。

2.ダイエット効果

腸内環境の働きを整え、毒素などの排出を促してくれるのでデトックス効果もありそう。自然なお通じへと導いてくれるので、排便も楽になっちゃうかも!便秘が解消されれば、お肌も綺麗になっちゃうね!

3.女性の強い味方

ルイボスティーはノンカフェインだから妊娠中の女性でも安心して飲めちゃいます。妊娠中の母体やお腹の中の赤ちゃんにも大切な成分がたくさん入っているみたい。

まず、ルイボスティーにはカルシウムがしっかり含まれています。カルシウムは非常に重要で胎児の骨や歯を作っていくのに大量に体から消費されていきます。
ルイボスティーはノンカフェインでありながら鉄分、カルシウム、そしてホルモンのバランスまで整え、抗酸化作用により母子ともに健康を保ってくれるミネラルがたっぷりなんです。
ただ妊娠されると悪阻もあります。悪阻がひどい方にもルイボスティーは非常に役立つのですが、そのルイボスティーも飲めなくなる場合も多々あります。その場合はルイボスティーは一時お休みし、ストレスのない飲み物を選んでください。無理して飲む必要はないと思います。赤ちゃんの為には完全オーガニックのルイボスティーが良いですね!

出典 http://rooibos.lism-co.jp

4.リラックス効果

リラックス効果が高いと言われているルイボスティー。ストレスが貯まりやすい現代社会。そんなときはルイボスティーを飲んで心からリラックスしてみては?安眠効果もあるので、寝る前のリラックスタイムにおススメです。ノンカフェインだから安心だね。

5.辛い二日酔いへの効果

ついついやってしまう二日酔い。そんなときもルイボスティーが助けてくれそう!

二日酔いの原因はアセトアルデヒドという危険な毒素が原因です。この毒素によって大量の活性酸素が発生し頭痛や吐き気、肝機能の低下を引き起こします。ルイボスティーの抗酸化効能でかなりの軽減ができると思います。

出典 http://rooibos.lism-co.jp

色々なルイボスティーをご紹介!

ルイボスティーは飲みやすく、初心者の人でも挑戦しやすいお茶だと思います。気になった方は是非一度お試しいかがですか??

この記事を書いたユーザー

Hagie このユーザーの他の記事を見る

皆がワクワク、ドキドキ、お役に立てる情報をお届けできたらと思います。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら