2016年6月17日「麺屋 龍壽」オープン!

国内屈指の行列ラーメン店「麺屋 一燈」からの独立店「麺屋 龍壽」が浜松にオープンします。

店主は、約4年に渡り一燈グループのエースとして活躍された出塚恭平さん。
地元の静岡県浜松市にて、待望のオープンを迎えます!

こんにちは、でづかです。オープン日が決定しました!!!『6月17日(金) 11時開店』です!!!

オープンも目出度いことなのですがこちらの店主の出塚さん、それに先立ちご結婚もされたそうですね。
奥さまは、とても明るい雰囲気を醸しだすかわいこで、誰もがうらやむ美男美女カップルです。

さて、6/17にオープンする「麺屋 龍壽」ですが、いったいどんなラーメンを提供するのでしょうか?
「麺屋 一燈」のDNAを受け継いでおりますので、自ずと期待が高まります。

試食会へ行ってきました

こちら、試食会の様子についてツイートしたものですが、普段、わたくしがツイートするラーメン情報よりも、遥かに多いファボリツを獲得しております。

現在、ラーメンブログも食の口コミサイトでの掲載も行っていないわたくしのツイートにしては、驚異的な数です。

「麺屋 龍壽」への関心の高さがうかがわれます。

いったいどんなラーメンを提供するの?

当面は「芳醇中華そば…750円」の塩味と醤油味の提供となる模様です。

その後、限定メニューなども織り交ぜていかれるようです。

ラーメンの画像はこちら

芳醇中華そば 塩…750円

出典自身撮影

この美しいビジュアルから醸し出されるのは芳醇な鶏のフレーバーです。
その鶏フレーバーにポルチーニ茸や牡蠣煮干しを主体とした海産物の旨味が幾重にも重なって、出塚ワールドを創り出しております。
具材は真空低温調理が施された豚肩ロースと鶏むね肉が、それぞれの良い部分のみを封じ込め、口内で旨味を拡散します。

自家製麺

出典自身撮影

麺は中細の自家製麺で、しっかり茹で上げられた上質の小麦たちがスープを余すことなく絡みあげます。

芳醇中華そば 醤油…750円

出典自身撮影

醤油ラーメンと塩ラーメンを比べると、醤油が万人受けしそうな感じで、塩がラーメンフリークが唸りそうな感じです。

食べてみての感想ですが正直、ここまで旨いラーメンには滅多にお目にかかれないと思います。
特に塩のほうはラーメンの最激戦区東京都内で出したとしても、トップクラスに入ると思います。

本音を言うと、浜松市民の方々がうらやましくて仕方ありません。

ここで「麺屋 龍壽」出塚店主の出身である「麺屋 一燈」を軽く紹介させていただきましょう。

◎「麺屋 一燈」とは

出典自身撮影

2010年に新小岩でオープンして以来、常に業界のトップを走る人気店で、いまだに行列が途絶えることを知らないお店です。

現在、新小岩に「麺屋一燈,ラーメン燈郎,つけ麺一燈,煮干し中華そば一燈」4店舗、小岩に「豚骨一燈」の1店舗の直営店を展開し、シンガポール、タイ、台湾などへ出店し海外展開も積極的に行っている日本を代表するラーメン店の一つです。

◎食の口コミサイトでトップクラスの評価

メディアへの露出も高いので、ラーメンフリークのみならず老若男女はるな愛、一般の方々にも認知されておりますね。

「麺屋 一燈」からは、既に行列店の仲間入りをしている東京都大田区蒲田の「煮干つけ麺 宮元」に次いで、2店目の独立店となります。

◎麺屋 一燈からの独立店「煮干しつけ麺 宮元」

特製極上濃厚煮干しそば

出典自身撮影

兄弟子である「煮干しつけ麺 宮元」の宮元店主に続けるといいですね!

日本全国のラーメンフリークが注目する「麺屋 龍壽」。

若い二人が手と手を取り合って、ラーメン界に新たな伝説を築きあげることができるといいですね。

出典自身撮影

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら