米ウォルトディズニーが2012年にスター・ウォーズなど様々なヒット映画を製作したジョージ・ルーカスが所有する会社「ルーカスフィルム」を買収したので、ディズニーはスター・ウォーズの様々な権利を手に入れたことは、みなさんもご存知でしょう。
2016年6月11日から香港ディズニーランドでは「トゥモローランド」を大幅にテコ入れしてスター・ウォーズのテイストをふんだんに取りこみました。
「Star Wars : Tomorrowland Takeover」と名付けられたのですが、何といっても東京ディズニーランドでも人気の乗り物スペース・マウンテンが「ハイパー・スペース・マウンテン」とスター・ウォーズ版に生まれ変わりました。『フォースの覚醒』を観た人はとても楽しめるようになっていてXファイターとTIEファイターの戦いを堪能できます。

出典Hong Kong Disneyland

出典Hong Kong Disneyland

6月25日には、4歳から12歳を対象に「JediTraining: Trials of the Temple」というショーが始まります。子どもはまずライトセーバーの使い方を学び、その後、ショーの中でダースベイダーなどと戦うという、子どもには忘れられないアトラクションです。
ほかにもチューバッカなど有名キャラクターにもトゥモローランド内で会う事が出来ます。

出典Hong Kong Disneyland

出典Hong Kong Disneyland

スター・ウォーズのグッズは200種類以上販売されますし、ディズニー内にあるホテルは特別パッケージがあり、レストランもスペシャルメニューが用意されています。スター・ウォーズファンにたまらないのは、26種類のパーツから成り立っているライトセーバーを自ら組み立てて、自分オリジナルの製作できるというグッズが販売されていることではないでしょうか?
スター・ウォーズに染まったトゥモローランドは香港ディズニーだけなので、もし香港観光する人やディズニーファンの人は足を運んでみて下さい。

この記事を書いたユーザー

nobu takeda このユーザーの他の記事を見る

メディア業界で約20年の経験を持つフリーランス・ジャーナリストです。政治経済からスポーツ、グルメ、エンタメまで広くカバー。香港との関わりは2001年から。10年前からライフスタイル・ブランドLiucia(www.liucia.com)を共同で立ち上げ、経営もしています。

権利侵害申告はこちら