「東京では星が見えない」と思っているあなた。”生”の星は難しいですが、東京都内でも星が見える場所があるんです。しかも冷暖房完備のところも!快適に星が見れるスポットをご紹介します。

「国立天文台三鷹キャンパス」とは?

無料で天文観測ができる国立の”天文研究施設”

「天文観測」というと、東京を離れ、星がきれいに見えるところまで遠出しなければいけないと思っていませんか?実は東京の三鷹に無料で「天文観測」が出来てしまうところがあります。「国立天文台三鷹キャンパス」がそれです。

「国立天文台三鷹キャンパス」は名の通り、国の施設で、一般の方にも開かれた天文研究施設です。定期的に定例会や見学会を開いているので、天文マニアにはもちろん、一般の人の間でも有名です。この三鷹キャンパスは本部であり、三鷹のほかにも、岩手や沖縄、チリ、ハワイなどにも支部があります。

住所 〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
電話 0422-34-3600(代表)
見学時間 午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)。
休館 年末年始

「国立天文台三鷹キャンパス」へのアクセス方法は?

JR中央線・武蔵境、京王線・調布駅からバスが出ています。所要時間はそれぞれ15分程度です。駐車場もありますが、はじめの3時間が500円のち1時間ごとに200円です。

まずは「見学会」に参加してみよう!

国立天文台三鷹キャンパスでは、年末年始を除く毎日、少人数なら申し込みも要らず自由に見学することができます。「キャンパス」と言われるほど広い敷地内には10数箇所の施設を自由に見学することができます。観測装置の他にも、図書館やシアタールームもあるのでなかなか見応えがあります。

ちょっぴりディープな世界「定例観望会」とは?

無料で予約不要の「見学会」に対して、予約制で日付も決まっている「定例観望会」というイベントがあります。これは、月に2回(午後7時半~、8時15分~の30分間)毎回150名が集まり、木星、火星、土星などを観測するもので、季節によって、また天候などによって観測する星が変わります。これが結構な人気で、とくに夏場には抽選になる場合もあるとのことです。

50センチ公開望遠鏡の威力は?

公開観望会では、6月は火星、7月は土星を観測する予定です。使用する50センチの長さのある公開望遠鏡では、月のクレーターや木星の縞模様、ガリレオ衛星、土星の環まではっきりと見ることができます。これには感動してしまいます。

「4D2Uドームシアター」とは?

「4D2Uドームシアター」は、空間3次元と時間1次元(計4次元)の宇宙をデジタルデータで可視化したシアターです。太陽系・恒星・銀河のデータを基にして4D2Uプロジェクトが開発した「4次元デジタル宇宙ビューワー」Mitaka(ミタカ)で、立体的な宇宙の映像を見てみませんか?

太陽の黒点も見れるって本当?!

1921年(大正10年)に完成し国立天文台三鷹キャンパスで一番古い設備である、写真の第一赤道儀室では、ドーム内にあるドイツのツァイス製口径20センチメートルの望遠鏡でなんと「太陽の黒点」を見ることが出来ます。この観測会はおもに土日となりますが、晴れていれば予約なしに係員の方に指導してもらい黒点を見ることが出来ます。こういう施設に来なければ見れない「太陽の黒点」を是非、見てみませんか?

国立天文台のHPでは、季節の星空の解説ページがあり、それぞれの季節の星空を知ることが出来ます。久しく天体表を片手に星を見る機会もなかった人も、この機会に星空を眺めてみてはいかがでしょうか?

やっぱり「生」の星がいいという場合は?!

池に映し出される星空がロマンチックな”石神井公園”

天然記念物に指定されている沼沢植物群落がある三宝寺池に映し出される星空がとてもロマンチックで、この風景を求めてやってくる人が多いです。
都内にあって、こんな星空が見えるスポットはレアですね。
是非1度訪れて頂きたいスポットです。
周りに障害物もなく、暗いために肉眼での天体観測もできるのも魅力です。

・住所:東京都練馬区石神井台一・二丁目、石神井町五丁目
・電話番号:03-3996-3950
・アクセス:西武池袋線「石神井公園」下車 徒歩7分
西武新宿線「上井草」より長久保行きバス「三宝寺池」下車、石神井公園行きバス「石神井公園」下車
・駐車場:あり(有料)
・開園時間:24時間
・休園日:なし
・入場料:無料

デートにも最適!夢の島公園

園内が24時間オープン!ゆえに、夜の星空観測が可能です。
暗くなると、広大な芝生があるため周りが真っ暗になるので、星空がとてもよく見られます。
また、周りに視界を阻むものがほとんどないため写真もきれいに撮れます。
恋人とロマンチックな星空を眺めるのもよし、ですね。

・住所:東京都江東区夢の島3-2
・電話番号:03-3522-0281
・アクセス:地下鉄有楽町線・JR京葉線・りんかい線「新木場」下車 徒歩7分、または地下鉄東西線「東陽町」より都バス(東陽町-新木場、東陽町-若洲海浜公園)「夢の島」下車
・駐車場:あり(有料)
・開園時間:24時間(植物館は9時30分から17時まで、入園は16時までで入園料は一般/250円 65歳以上/120円 中学生/100円)
・休園日:なし
・入場料:無料

東京・世田谷のど真ん中!アクセス抜群  砧公園(きぬたこうえん)

都内屈指の、星空がきれいに見えるスポットです。
加えて世田谷という東京の中心部なので、アクセスがかなり良いのもメリットです。園内には美術館もあり、日中から楽しめます。東京ディズニーランドと同じくらいの広大な敷地面積があるため、様々な場所からの天体観測が楽しめます。

・住所:東京都世田谷区砧公園・大蔵一丁目・岡本一丁目
・電話番号:03-3700-0414
・アクセス:小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車、または小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行き)「岡本一丁目」下車、または東急田園都市線「用賀」下車 徒歩20分または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車

・駐車場:あり(有料)24時間営業
・開園時間:24時間
・休園日:なし
・入園料:無料

東京シティービュー 六本木天文クラブ

六本木ヒルズの展望台にある、東京シティービューでは、毎月第4金曜日を『六本木天文クラブの日』とし、 「星のソムリエによる天文ニュースと翌月の星空解説」セミナー&星空観察会を定期的に行っています。

東京シティビュー/スカイデッキへの入場券(一般2,300円)が必要

奥多摩湖

東京都内で“一番綺麗な星空”と言われているのが、奥多摩湖ダムサイトパーキングから見上げる満天の星空。なかでも、奥多摩周遊道路の11.1km地点にある駐車場、“月夜見第二駐車場”から見上げる夜空は最高です。住所:東京都西多摩郡奥多摩町原TEL:0428-83-2112営業時間:24時間営業駐車場:無料(150台収容可)電車:JR奥多摩駅バス:JR奥多摩駅からバス「奥多摩湖停」下車し、徒歩すぐ車:圏央道青梅ICから約1時間

いかがでしたか?「東京では星が見えない」と思っていたのは昔、いまでは東京でも星を見ることが出来るスポットはたくさんあるんですね。

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら