次女のピアノ教室へ、長男とお迎えに行った時のことです。
ピアノ教室の道路はさんで前が、八百屋さんで、
次女が帰ってきたら、
「八百屋さんで買い物しようね。」
長男と約束しました。


出典Satomi Nakano

熊本で大きな地震があった直後に、何か自分にできることをと、この八百屋さんで、熊本産のオレンジを買いました。
とてもおいしかったので、今回も、熊本産のオレンジを購入しました。




買い物を済ませて、次女と長男は、道路を渡るのに手を挙げました。
車が1台だけ来ていたので、この車を見送れば、
渡れるなーと思っていたのですが、
この1台の車は、停まってくれたのです。





私は会釈しながら渡り、次女と長男は、
手を挙げて歩き終わったところで、振り向き、





「ありがとうございました!」







お礼を言いました。
私が言わなくても、ちゃんとお礼が言えるようになったんだね~と思いました。
すると、停まってくれた車のおじさんは、わざわざ車の窓を開けて、




「ありがとう!」






すっごいニコニコして、おじさんは手まで振っていました。






長男は、首をかしげて、
「こっちが、ありがとうなのに、なんで、あのおじさん、
ありがとうって言ったのかな?」
不思議とばかりに、質問してきました。






「ちゃんと2人が挨拶できたのが、おじさん、嬉しかったんだよ。
わざわざ、窓開けて言うくらい、嬉しかったんだよ。」







うちの子供達が挨拶したのは、当然のことですが、
おじさんが、ありがとうと、伝えてくれたのが、
これまた!嬉しかったです!
「ありがとう」のリレー。
思い出すだけで、私も、ニコッとしてしまいます。





おじさんの心の中だけにとどめておかずに、
伝えてくれたから、こんなにも、嬉しいことが持続するんですよね。
感謝されることをした方も、ありがとうと言ってみる。
次回、私も、伝えてみようと思いました。




出典Satomi Nakano

この記事を書いたユーザー

Satomi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • おでかけ
  • 育児
  • グルメ
  • 暮らし
  • 感動

権利侵害申告はこちら