文房具の定番、ノート。仕事や勉強、趣味の記録と、さまざまなシーンで欠かせない日用品です。
物心ついた時から身近にあったアイテムだけに、特に意識せず、自己流で書き込んでいるという人が多いのではないでしょうか?
ですがノートは、書きながら自分の想いを確認したり、残したりすることができる道具でもあります。真っ白なノートを彩っているうちに、将来なりたい自分が見えてきたり、夢が叶ったという人もいるそうです。

そんなクリエイティブなノート作りに憧れてはいるものの、どう使ったらいいか分からないという人にオススメしたい本が発売されました。
それがこちらの「夢をかなえる! 私のノート術」です!

この「夢をかなえる! 私のノート術」では、ノートを書くことで人生が変わった著名人や、文具のプロである文房具メーカー社員さん、SNSやインスタグラムで話題のあの人まで、達人40人のノートを大公開しています。

誌面で取り上げているノートは、仕事用や夢を実現するためのもの、お金の管理用、趣味の記録用と、目的はさまざま。文字だけが並ぶページから、イラスト入りやコラージュしたものまで、デザインも多彩です。

「夢をかなえる! 私のノート術」に掲載された個性的な誌面を眺めていると、学生時代に友だちのノートをのぞきこんだ時のようなワクワク感を思い出します。ぎっしり書き込まれた誌面に、ついつい見入ってしまうところが、この本がジワジワと人気を集めている理由のひとつなのです。

ニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」では、重版も決定したこの話題本から「Chapter 1 / 輝くあの人のお手本ノート」に注目。ブロガー・作家として活動する、はあちゅうさんのノートの使い方を少しだけご紹介しましょう!

会社員時代の研修内容をメモしたものから、ゆるかわなイラストがちりばめられたアイデア用のスケッチブック、そして彼氏とのデート記録まで、用途によって数種類のノートを使い分けているはあちゅうさん。多くの女性の共感を呼ぶコラムや、グッとくるフレーズの数々は、日々書き留めている素直な「心の内」の記憶が功を奏していると言います。

「ノートは記憶を呼び起こし、心の中をそのまま映すものだと思っています。デジタルツールよりもっと自分自身の近くにある気がしますね。例えば、紙に目標を書くときってすごく素直な気持ちになれるんですけど、それを打つとなると正式なものになる気がして、ちゃんと論理を加えて書かなくちゃって思っちゃう。だから願望とかをふわふわっと書くのには、デジタルツールはあまり向いていないんです。体の中から素直に滲み出るものは、やっぱり書いたほうがいいんじゃないかなと。脳に近い場所にいる、みたいな感覚ですね」

文房具好きだった子どもの頃からこだわってきた「書くこと」。それは「祈り」とも言い換えられるほど思い入れのある行為なのだとか。

「書くっていう作業は自分の身体から流れ出ているような気がしています。パソコンでの作業とは違う感情やアイデアに気づくことがありますね。マインドマップってパソコンでも作成できるけど、書くことで脳みそが変化に合わせていろいろアイデアを持ってきてくれるような気がして。まさに 『脳みそと相談中』ってときですね。だから、これからもアナログなノートは使っていくだろうなと思います」

出典 http://treasurenews.jp

“書くことは自分に言い聞かせていることや信じたいことの表れ。ある意味、祈り”だと語る、はあちゅうさん。そんな想いがあるからこそ、ノートに書くことはポジティブな内容ばかりなんだとか。

こちらのページでは、はあちゅうさんが実際に愛用しているノート類も、特別に掲載しています。電通で受けた研修の内容からイラスト入りのメモまで、ほんの“さわり”なのでしょうが、気付けば読み込んでしまうところが不思議!
詳しくは「夢をかなえる!私のノート術」8ページからをご覧ください!

こちらの本には、ほかにも創意工夫にあふれた達人たちのノートが多数掲載されています。来週のニュースサイト「treasures」では「みるみるお金が貯まるノート」や、日々の気付きを綴った「ライフログ」などをご紹介しますよ。お楽しみに!

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら