コレは
メタルギアとかのゲームを知っているヒトなら
なんとなくでもイメージできる社会のカタチだろう。

メタルギアのある作品では
銃を使うためには
操作キャラを登録し
それにより銃のロックが解除され
実際に発砲が可能になるという仕組みが描かれている。
まぁ、あくまでゲームの話だけど。。。

記事には
銃に専用のパーツを取り付け
そのパーツに登録した指紋が当たっている際に
指紋認証による銃のロック解除を行うシステムであるとなっている。
つまり銃から手を離せばロックされるのである。

これにより銃を購入・登録した者だけが
その銃を正統に解除しうることが出来
誤射予防の観点から評価を得ているようだ。

しかし本人の指紋さえあれば良いと考えると
恐ろしいことである。
よく映画で銀行強盗などのシーンで
担当者の指紋でしか開かない金庫に
その担当者を気絶させる等して
体を持って行き、システムに認識させれば良い話がある。
コレに近いことが充分に可能であろう。
また、この記事には
指紋認証機能とGPSのような機能も追加する話もあるが
どちらも、どうにでもなりそうなsystemである。

それよりもやはり
銃に殺傷性を持たせることが問題であり
これについて
アメリカの警察官は州によっては
スタンガンの携行に切り替えているところもある。
昨今
白人警察官による一般の黒人を有無を言わさず射殺する事件などが
アメリカでも取り上げられているが
スタンガンにすれば
なるほど確かに銃ほどの殺傷性はなくなる。
しかし
対象者が心臓に持病があり、スタンガンですら致命傷になる場合も考慮すべきである。

そうしたことを考えると
アメリカを含め
銃社会となっている国家の代表者たちは
銃に関連した団体等の顔色を伺わないで良いほどの
確固たる信念と堅実な社会形成の実現を望まずには居られない。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス