今や日本が世界に誇るイベントとなったコミックマーケットはコミケの愛称で親しまれ、夏コミ、冬コミと年二回開かれ、約50万人が訪れる一大イベントとなっています。

そんなコミケの参加者の1人がネットを使って告知をしたところ、誤った情報として伝わってしまい、心に深い傷を負ってしまったとツイートしているのです。

おまけでコピー本と告知したら…。

新刊を購入してくれた人にはおまけでコピー本がついてくる。よくある話ですよね。ところが、コピー本の方が話題になって拡散されてしまい、コピー本を求めて人が来てしまったそうです。

そして、全員に新刊のおまけですと説明するはめになったそうです。しかも、目の前で新刊を買いたくないと話される事でこの作者さんはかなり傷ついてしまったようです。

正直新刊はいらない!?

新刊の値段は500円とそこまで高い物ではありませんね。しかしコピー本であれば、大体2~300円くらいですし、この会話から想像するに新刊とおまけのコピー本のジャンルが違ったのではないでしょうか…。もしくは、タダで貰えると勘違いした人もいたのではないだろうかと思ってしまいます。

コミケの場合は作者=売り子と言う場合がほとんどで、作った人の前でこれいらないなんて会話をする事になるのです。通常のアニメイトなどでは、店員と作者は別なのでそこまで気にしなくてもいいのですが、コミケの場合は違うのです。

作者の前でそんな相談しなくても…。

作者さんの中にはメンタルがそこまで強くない豆腐メンタルと呼ばれる人も多くいます。そうでなくても目の前でせっかく頑張って作った作品をいらないと言われるとショックですよね…。

一度予算の関係があるので後で来ますなどといってその場を離れて、別の場所で相談するなどするべきではないかと思います。

コミケにお客様はいない!?

そんな事言っても客だぞこっちはと思われる方もいるかと思いますが、コミケにはお客様は存在しません。スタッフも、サークル参加者(作者)も、企業も、買いに来る一般参加者も、すべて「参加者」であり「お客様」は存在しないのです。

スタッフさんもお弁当や飲み物、カタログなどは渡される物の報酬はもらっていないボランティアの人達なのです。みんなが楽しくイベントをして、楽しんで帰ろうというのがコミケなのです。

ネットでの拡散の怖さ

TwitterやFacebookなどのSNSの普及により、下手にCMを打つよりTwitterなどでつぶやく方が宣伝効果があったり、誰でも手軽に出来る事から宣伝の手段として使われるのがTwitterなどのSNSのですよね。

しかし、途中で情報が省かれてしまったり、変わってしまう事もあるのです。RTされるだけなら、変わる事はありませんが、そこから、RT以外のつぶやきでこんなのがあるなどと告知されていくと、変わってしまう危険性があるのです。

コミケはみんなが楽しむものである事を忘れてはいけない

年々規模も大きくなり、初参加やオタクではない人も多く参加するようになり、先程も書いたようなお客様だという発言も多く聞かれるようになりました。

しかし、コミケはみんなで作るイベントなのです。みんなが楽しんで、楽しかったという思いを胸に帰っていく、そういうイベントなのです。

いつも以上にそこでその行動を取ったら、他の人がどう思うかと言う事をしっかり考え行動する必要があります。また、サークル参加者やスタッフさんへの感謝を忘れず、楽しいコミケにしなければならないと私は思っています。

今年のコミケは約2ヶ月後の2016年8月12日(金)~14日(日)です。この記事を読んでいる方で参加される方はその事を忘れず、みんなで楽しみましょう。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら