実際に投稿された写真と添えられていた言葉

アメリカのテキサス州ヒューストンの路上で通りがかりの男が、全身大やけどを負い、殆どの体毛がはがれてしまった明らかに虐待をうけた野良犬を見つけ、面白半分で写真を撮影、SNSに酷いスラング言葉を添えてアップしました。

「全身焼かれたバカなあばずれ雌犬 こんなの発展途上国でしか見たことないさ」

出典 http://pawsitivelytexas.com

実際のSNSへの投稿とひどいメッセージ

投稿はアッと言う間に拡散されて保護団体が犬を救出

このあまりにも残酷な写真は、笑いものにされるどころか、たくさんの人々の同情と投稿者への反感をかい、アッという間に拡散されました。

そして、この出来事はヒューストンのある動物保護団体の元に届き、ボランティアの人々がすぐに写真の犬の捜索を始めたのです。幸いなことに犬はすぐに発見され保護されました。

出典 http://pawsitivelytexas.com

保護されたひどい状態の犬

母子2匹を保護

実は、この犬はまだ若かったのですが、母犬になっていました。投稿された写真には写っていなかったのですが、生後数か月の子犬1匹と一緒にいたのです。

当然、2匹とも保護団体によって救出され、手厚いケアが施されました。母犬は‘パンプキン‘、子犬は‘イッティビッティ‘という名前がつけられました。

出典 http://pawsitivelytexas.com

一緒に保護された子犬

虐待されていた形跡が

母子とも、全身ノミにまみれており、深刻な栄養失調状態でした。

実はパンプキンの体は、火で火傷を負っていたわけではありませんでした。毛はオイルまみれでひどく汚れた状態で、皮膚からはがれおちていたのです。何者かによってなんらしかの化学薬品を全身にかけられた形跡があり、虐待されていたことは明らかでした。

出典 http://pawsitivelytexas.com

保護されたパンプキン

やっと落ち着いて寝れるようになった

2匹とも全身を綺麗にしてもらい、ノミもすべて駆除され、やっと母子が一緒に落ち着いて寝れることができるようになりました。

出典 http://pawsitivelytexas.com

安心して母子で寄り添って寝れるようになった

運命はあまりにも残酷

でも、その幸せな時間は、長くは続きませんでした。パンプキンは順調に回復していたのですが、まだ幼すぎたイッティビッティは、保護団体が献身的なケアを施したにも関わらず、しばらくして虹の橋へ旅立って逝きました。

出典 http://pawsitivelytexas.com

虹の橋に逝ってしまったイッティビッティ

一瞬でも安らかな時間が過ごせたことが救い

餌もなく、栄養失調状態での過酷な路上生活を過ごしていたことで、保護された時はもう幼い子犬の体力は限界を超えてしまっていたのです。

やっと母子で安心して一緒に過ごせる環境が与えられたのに、運命はとても残酷でした。

一瞬でも安らかな時間を2匹で過ごせたことがせめてもの救いです。イッティビッティの亡骸は手厚く葬られました。


出典 YouTube

パンプキンの物語(保護団体によって製作されたヒューストンの野良犬の現状)

新しい生活がスタート

幸い母犬のパンプキンは、その後順調に回復していき、保護されて6週間で元気を取り戻すことができました。保護団体が里親探しでSNSにパンプキンのことを載せたところ、すでに数匹の犬を飼っている大の犬好きの女性がパンプキンのことを一生面倒みると引き取ってくれました。

出典 http://pawsitivelytexas.com

新しい家で、先住犬と日向ぼっこでリラックスしているパンプキン

どんでん返しの犬生

1枚の心無い人間の面白半分の投稿がきっかけとなり、保護団体に救出される運命へと事が動いていったのです。だからといって、その投稿自体は、とても褒められたものではありません。

いらなくなったからといってまるでゴミのように犬を捨ててしまう人、野良犬だからといって虐待してしまう人、酷い姿の犬がいたからといって笑いものにしようと写真を撮る人。。パンプキンは、幾人もの心無い人間たちによってひどい時間を過ごしてきた犬でした。その結果、パンプキンはずっと守り通してきた大切な子も。。失ってしまったのです。

ですが、運命は、最後の最後で救いの手を差し伸べてくれました。パンプキンに残されたこれからの時間を、新しい家でゆっくりと安心して過ごしてほしいものです。

出典 http://pawsitivelytexas.com

すっかり綺麗な犬に変身したパンプキン

参考資料

他にもこんな動物たちのお話が。。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス