不倫をしたなどで謝罪する有名人が多く存在する昨今、多くの人が心の中で思っていても中々言えない言葉がある。それは、なんでこの人みんなに謝っているのだろう…。

そして、なんでそれを多くの人が誠意がない、足りないなどと罵るのだろうか?

ロンドンブーツ田村淳さんのツイート

個人の問題でトラブルになった際にも、なぜか、記者会見を開き、テレビでみんなに頭を下げるという行動を取らされる有名人が多い

大きな事件になってしまって、世間を騒がせたという意味では、騒がせてごめんなさいというのはわからなくはない…。しかし、まず、謝るべきは迷惑をかけた相手ではないだろうか?

田村淳さんに同意する意見

単独で事故を起こして謝罪が特に意味がわかりませんよね。フェンスやブロックを壊してしまったお店や人に謝って、事故の届け出を出しておしまいで良いと思うわけです。

ベッキーの場合はちょっと、騒ぎが大きくなりすぎている感はあります。謝れ謝れといった大衆を意識して先にテレビで謝った結果、被害者への謝罪が遅くなったという部分もあるのではないでしょうか?

関係ない人に謝る記者会見などせず、相手の奥さんや迷惑をかけたスポンサーに謝ればよかったのではないだろうか?我々一般人に取ってあの謝罪は必要であったかと聞かれるといらないと思うわけです。

同時期にあった不倫議員のように、国会議員など、政治家であれば、国民ひとりひとりがスポンサーみたいなものですから、謝る必要はありますが…。

世間に謝るという風潮は何か違和感を感じてしまいますよね。みんなが煽って批判する姿は一種の息抜き、ガス抜きに見えてしまいます。

田村淳さんに批判的な意見

芸能界の常識と一般社会での常識がずれているという部分は確かにわからなくはありませんが、和田アキ子と一緒にするのはどうなのだろうか…。少なくとも田村淳さんはいつも割りと的を得ていると思う。

有名人が自分の運転でフェンスに突撃した…。それが無限大に影響を広げるとは全く思えません。まあ、フェンスに突撃した人は謝っていない気もしますが…。花壇に突っ込んだ歌手の人は謝罪していました…。

花壇に突っ込んだと言う事故が私たちに何の影響を与えるのであろうか?所有者に謝罪し、警察に事故の届け出を出して、壊した花壇を弁済すれば終わりなのではないだろうか?その後事務所を通じて謝罪する必要はないように思う。

こちらにも同じ事が言えます。そりゃ、薬物事件を犯したり、高校に泥棒に入ったりといった事件の場合や多くの人に迷惑をかけている場合はともかく個人的な問題で謝るというのはなにか違う気がします。

小学校の終わりの会で…。

記者会見を開いて謝ってみんなに叩かれている姿を見ていると小学校の時の終わりの会の光景を思い出す。

先生が何かある人はいますかというと、子供の1人が手を上げて、立ち上がり

「○○くんが馬鹿っていいました。謝ってください。」

何人かが囃し立てて謝れコールをして、その名指しされた子供がみんなの前でごめんなさいと言う。時には教壇の前に出されてみんなの前で土下座をさせられた子供もいた。まさに今の芸能人などの有名人はみんなに謝れという風潮はこの小学校の終わりの会から来ているのではないだろうか?

子供だから自分達で解決できないと先生が間に入って謝らせるわけだが、それを芸能リポーターを先生役に、世間に謝らせ説明させる。世間の様々な不満のガス抜きのショーのようにも思える

その謝罪、誰にしていますか?

一般人でもそうなのだが、とにかく謝っておけという謝罪には意味が無い。どういう事をして、誰に迷惑をかけたから、その人迷惑をかけた人にこういう事をして迷惑をかけてごめんなさい。なのではないだろうか?

その謝罪が、誰に向けられたものなのかという事が本来大切なのです。世間に向けてテレビを通じて謝るという事に疑問を感じる

政治家は別問題である。

現在問題になっている舛添氏の問題は、国民の税金から支出されたお金の問題であるから言うまでもなく謝罪するべきだ。更に不倫議員の問題や、先日の川崎の道路交通法違反疑惑なども彼らは謝る必要がある。

同じ有名人であっても、政治家と芸能人では大きな違いがある。それは、国民を代表して政治の場にいるという点である。芸能人は別に国民を代表してテレビに映っているわけではない。芸能人は自分達の芸や見た目、演技、歌などが国民に評価されて、注目を集めるから出ているに過ぎないのである。

政治家は謝るべきだが、芸能人は犯した過ちや事故によるのではないだろうか…。世間の注目を集めているからというだけで世間に謝罪する今の雰囲気には何か違和感を覚える

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス