フィラリア症とは

フィラリアにも様々な種類があるが、イヌ科動物に寄生するフィラリアの別名は、‘犬糸状虫‘で蚊が媒介する寄生虫。

フィラリアに感染している動物の血を蚊が吸う時に、フィラリアの赤ちゃんも血と一緒に吸い上げられる。そして蚊の体の中でフィラリアの赤ちゃん(ミクロフィラリア)は、感染幼虫へと成長する。

フィラリアに感染した蚊に刺されると、体内にフィラリアの感染幼虫が入ってくる。その後、皮膚の下や筋肉の中で成長しながら心臓へと移動する。

最終的に心臓がフィラリアの住処となり、卵を産み付ける。このフィラリアによって引き起こされる病気がフィラリア症である。

感染すると

殆どの動物が、感染しても最初の数年間は何も症状が現れない。数年経ってやっといろんな症状が現れてくる。

・食欲がなくなる
・ぐったりする
・フラフラとする
・倒れる
・咳や息切れがある
・散歩を嫌がる
・嘔吐する
・体重減少
・血尿
・黄疸(白目や歯茎が黄色になる)
・水を異常に飲む
・お腹が膨らんでくる

など様々。

潜伏期間が数年と長く、感染しても症状がなかなか現れないが、その間も、心臓や他の臓器はフィラリアによって痛めつけられている。症状が出てくるころには、かなり悪化している。

うちの子は、元気だから、感染していないと思っていても、蚊に刺されていれば、フィラリア予防をちゃんとしていない場合は、感染している可能性は十分ある。

予防法

犬の場合は、動物病院でフィラリア予防の薬を毎年、春ごろに1年分まとめて処方してもらうのが日本では一般的。住んでいる場所によっても違うが、蚊は気温14度以上で吸血するので、北海道以外の日本では毎年5月くらいから12月初めくらいまで毎月1回、フィラリア予防薬を与える。これは、ノミ・マダニ予防薬とは異なる。

猫の場合は、動物病院やネットで販売されている医薬品のノミ・ダニ予防薬(マイフリーガードやフロントライン)を毎月していれば、それでフィラリアも防げる。(注:犬に関してはそれだけではフィラリアは防げない)ただし、ペットショップやスーパー、ホームセンターなどで販売されている医薬部外品では効き目はないと思った方が良い。

ペット用の蚊予防グッズもいろいろ販売されているが、フィラリア予防としての効果はない。

室内飼いなら予防しなくていいの?

そんなことはない。人間だって、室内で蚊に刺されることがあるように、室内飼いの犬や猫も蚊に刺されることはある。その蚊がフィラリアに感染していれば、わずか1回、蚊に刺されただけで犬や猫もフィラリア予防をしていない場合は、感染する確率がある。

感染した場合、最終的には死

フィラリア症になった犬の症状は、寄生してからの期間、寄生したフィラリアの数などで異なってきます。 一般的に、寄生数が少ない場合や病気の初期の場合はほとんど無症状ですので、見過ごしてしまいがちです。
病気が進行してくると、まず、気付くのは「咳」です。さらに、元気がなくなり散歩を嫌がったりするようになります。このときには既に心臓や肺の血管にダメージが出始めており、やがて肝臓や腎臓など体の主要な臓器にも影響をもたらすようになり、急激に痩せたり、お腹に水(腹水)がたまったりするようになります。 最終的には死に至ります。
また、稀な例では、このような慢性経過を経ることなく、突然に真っ赤なおしっこ(血色素尿)を出して、その後約1週間で死んでしまう、恐いタイプの病気もあります(急性大静脈症候群)。

出典 http://filaria.jp

発病してしまったら

治療

フィラリア症の治療は、犬の年齢、寄生状況などを注意深く診察してから、ケース・バイ・ケースで処置が施されます。
発症した犬に体力がある場合はフィラリアを駆逐する処置がとられることもあります。しかし、駆除薬を投与した結果、死滅したフィラリアが肺の血管にどんどん詰まっていき、かえって病気を悪化させることもあります。
一方、急性の悪化症例の場合は緊急手術(頸部の静脈から特別な鉗子(かんし:金属等でできた先がつまみのようになったもの)を使って心臓内のフィラリアを釣り出す)を行わなければいけません。 虫の駆除や手術に耐えられないと判断された場合は、症状に対する対処療法を中心に行い、寄生フィラリア数の自然な減少を期待することになりますが、病気が良くなっていく可能性は高くありません。

出典 http://filaria.jp

フィラリア症になってしまった場合の治療について

フィラリアを防ぐのは、予防薬のみ

一番良いのは、フィラリアに感染させないように、毎年、ちゃんと予防すること。フィラリア予防薬を毎月、きちんと与えるしかありません。

‘うちの子は雑種だから、とても丈夫だから大丈夫!‘なんてことは、一切関係なく、上記でも触れましたが、室内飼いかどうかも一切関係なく、蚊に刺されないようにいつも蚊取り線香や蚊予防をしているからというの一切関係ないのです。

蚊が生息している地域では、わずか1匹の蚊にたった1度刺されるだけで、フィラリア感染の可能性はあるのです。1年を通して、1度も蚊に刺されなかったと言う人がほぼいないように、犬や猫たちも、蚊にはどんなに予防しても刺されてしまうのです。だから、予防薬しかフィラリアを防ぐ方法はないのです。

あなたの大事なペットを守るためにも、毎年、きちんと予防してあげましょう。

他にこんな動物のお話も

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら