今回は、2016年10月から新しく追加された「年収106万円の壁」について、具体的な数字と一緒に詳しくみていきましょう。

■「年収106万円の壁」ってなに?

これまでは「年収130万円の壁」と言われていた年収の壁が、新しい制度により「年収106万円の壁」に引き下げられます。


まずは、これまでの年収の境界線についてまとめた表をご覧ください。

2016年9月まではこんな感じ。

出典記事筆者作成

それが、2016年10月以降は・・・

出典記事筆者作成

「130万円未満」だった社会保険料免除の壁が、一気に「106万円未満」に引き下げられるんです!


これによって、新しく誕生するのが「年収106万円の壁」なんですね。

■「年収106万円の壁」が誕生した訳とは・・・

厚生労働省の資料によるとこうです。

出典 http://www.mhlw.go.jp

私たちの生活の「格差」を均すため、女性に仕事する意欲を持ってもらうためだと言っていますね。


難しい言葉が並んでますが、年金の財源確保ってことでしょうか?


お年寄りの医療費も膨らんでますしね。

■ 具体的にどんな法改定がされたの?

出典 http://www.mhlw.go.jp

2番の「月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)」というところに注目します。

年収160万円以上の人は、社会保険料を支払うことになったということです。
これまでは130万円だったのが106万円になったんです。


まさに、これが「年収106万円の壁」ですね。


そしてもう一つ注目すべきは、5番の「従業員501人以上の企業」というところです。



もしあなたが、大きな会社でパートをしている場合は要注意です。

知らぬ間に、被保険者になっていて、手取り額がぐんと下がります。

そこで気になるのが・・・

■ 今まで年収130万円だった私の手取額が・・・!?

あくまで概算ですが、手取り額が「約111万円」になります。

今までは払わなくてよかった、社会保険料が発生するためです。


そして、驚きの事実がこちら。

■ 年収120万円の場合、年収105万の人より手取り額が低くなる!?

出典記事筆者作成

年収106〜125万円までは、年収105万円より手取り額が少ないという結果に・・・


125万円以上稼げということでしょうかね・・・


保険料で受けられるサービスが増えて、年金は将来への貯金と思えば、ちょっと気持ちも和らぐかもしれませんね。

■ あなたの源泉徴収票を見てみてください!

出典 http://www.nta.go.jp

「支払金額」は手取り額ではないので注意してください。

パートタイムにより得る収入は、通常「給与所得」と呼びます。

この「給与所得」から、各種控除額を引いた額に、所得税がかけられます。

所得税は以下の式で求めます。

出典記事筆者作成

厚生年金保険料などは、毎月のお給料の額などによって異なります。

そして、厚生年金保険料は厚生年金保険料率が変更されることで変わりますので、ご興味のある方は「日本年金機構の公式ホームページ」を見てみてください。

■ さいごに

今回の計算では「介護保険料」や各種控除を考慮していないので、実際は多少の増減があると思います。


早く少子化が解消されないと、こんな話ばっかりで、なかなか気分が上向きにならないですよね・・・苦



お年寄りに優しいのもそうですが、もっともっと子供を育てやすい国を目指した政策を打ち出してもらいたいですね。


少子化を止めなければ、今の若い人たちで、これからのお年寄りの方たちを支えるのは物理的にも無理です。


政治家の人たちは、国民の人たちにご飯を食べさせてもらってることを、今一度自覚してもらいたいです。

鼻高々に偉人にでもなったかのうな態度で闊歩している様子をみるとなんだか腹立たしい・・・

政治家の給料は、一般企業の平均額にしてほしいと思う今日この頃です。

この記事を書いたユーザー

こぐま このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インターネット
  • おでかけ
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス