なかなか英語が上達しなくて、ドラえもんの「翻訳こんにゃく」があったらなぁ。なんて考えたことがある人は多いでしょう。
そんな人に朗報です。そんな時代が、すぐそこまで来ているのです。

A World Without Language Barriers

出典 YouTube

数か国語を自動翻訳するイヤホン

ネットで資金を募るクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にパイロット(pilot)というイヤホン型全自動翻訳機が登場しました。

こちらのイヤホンは、会話を認識し、他の言語に翻訳してイヤホンから再生することができます。
イヤホンはワイヤレスになっており、スマホとはBluetoothで接続します。
翻訳できる対応言語はなんと、20言語以上になる予定!
もちろん、日本語も含まれています。
まさに、「翻訳こんにゃく」と同じ機能を持ったイヤホンなわけです。

対応予定の言語

スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、デンマーク語、スウェーデン語、ヘブライ語、ロシア語、ウクライナ語、チェコ語、ポーランド語、アラビア語、中国語、韓国語、日本語、ベトナム語、ヒンディー語、ウルドゥー語、アフリカーンス語

出典waverlylabs

本当にそんなものが開発可能なのか?

そんなもの、本当に作れるの? そう疑いたくなる人もいるでしょう。
しかし、このイヤホンは大きな注目を集めており、15日間で目標資金の27倍の200ドル(約200万円)を集めています。(6/10時点)
多くの人がこのイヤホンの可能性を信じているのです。

また、すでに翻訳は2秒ほどのタイムラグで可能だとのことです。
これからの開発でもっと短縮されれば、より実用的なものになります。

イヤホンは優れた機能を持ちながらも小型で、片方のイヤホンを相手に渡せば、相手がパイロットを持っていなくても会話することができます。

手に入れたら

パイロットは赤、白、黒の3色が用意される予定。
一般のイヤホンと同じように音楽を聴くこともできます。
量産時には300ドルほどで販売される予定なので、めちゃくちゃ高価というわけではありません。

このイヤホンを手に入れたら何をしようか…と想像が膨らみます。

まず、海外旅行にいく

言語の心配がなければ、もっと気軽に海外旅行へいけます。
旅行先での遊び方の幅も広がるでしょう。

また、日本にいながら、海外の人と交流を深める、といったこともより簡単になります。
ネットや日本の観光名所など、国内にいながらも活用する機会はたくさんあります。

外国語を話す恋人とコミュニケーション

海外の異性ともっと会話できたらな、と思うことは少なくありません。
実はパイロットを開発する会社の設立者アンドリュー オチョアは、フランス人の恋人と会話したいという動機からこのイヤホンを開発したそうです。
やはり、考えることは同じですね。

異なった母国語を持つ世界中のカップルが、もっとコミュニケーションをとれるようにする。
そんな素敵な役目を、このイヤホンが担うようになるかもしれません。

A World Without Language Barriers

出典 https://youtu.be

言葉の壁に阻まれない、より自由な世界が実現するといいですね。

予約購入はこちらから → Ingiegogo

外部リンク

より詳しくはこちらをご覧ください。

おすすめ記事

おすすめの記事です。こちらも併せてご覧ください。

この記事を書いたユーザー

高野ぴえろ このユーザーの他の記事を見る

大学でメディアについて学んでいます。
Twitter@tp921

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • インターネット
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス