「食べる」という行為にエンターテイメント性を持たせることにかけては天才的才能を発揮する日本人。中でも夏の風物詩である「流しそうめん」はその典型的なものと言えるでしょう。現在では、家庭でも流しそうめんを楽しめるがジェットが玩具製造販売各社から発売されています。ファミリーはもちろん、1人でも楽しめる「流しそうめん」ガジェットをご紹介します。

「そうめん」の歴史は?

そもそも、麺の製法自体、中国から日本へ伝わったとされています。「三輪そうめん」で有名な兵庫県揖保郡の斑鳩寺(揖保郡太子町)の古文書「鵤庄引付」(1418年)に"サウメン"が登場していますが、本格的にそうめん作りが一般的になったのは江戸時代(1771年頃)かと思われます。

「流しそうめん」を日本で最初に行った所は?

起源は宮崎県高千穂町の高千穂峡です。昔から暑い夏の野良仕事の時に”青竹と岩清水”を使い行われていたと言われています。昭和34年頃、それが”商売”として売り出されるようになってきました。

起源は宮崎県高千穂町の高千穂峡です。
昔から暑い夏の野良仕事の時に青竹と岩清水を使い行われていたと言われています。
全国的に広まったきっかけは地元の企業が昭和34年ごろに商業ベースにのせました。

出典 http://hibiyakudachi.com

「流しそうめん」ギネス記録は?

いまや、何にでもギネス記録がある時代ですが、「流しそうめん」にもあります。2014年7月に熊本県の高校生らが総延長3328メートルの流しそうめんを成功させています。3キロ超もの距離、ゴールまで1時間21分。忍耐勝負の長い道のりです。

1本でもそうめんが辿り着けばその距離が最大距離として認められるルールです。
現在では、2014年7月に熊本県の高校生らが総延長3328メートルの流しそうめんを成功させています。

出典 http://hibiyakudachi.com

「あれ?買い置きなかったっけ?」そうめんつゆの買い置きなくてもこれで困らない!

夏に消費量がふえる「そうめん」。そうめんに「つゆ」はつきものですよね。でもうっかり、買い置きを忘れてしまったことはありませんか?基本のレシピがあれば家で作れます!

そうめんつゆの一例
材料:(完成量200cc強)
醤油 - 50cc
みりん - 50cc
水 - 1カップ (200cc)
削り節 - 適量(1カップ程度)

作り方:
醤油とみりんを加えひと煮立ちさせてアルコール分を蒸発させてから、水と削り節を加える。再度沸騰したら、すぐに火を止め、冷まして完成。

1人でも楽しめる!玩具各社の「そうめん流し」ガジェット

そうめん流し そうめんや-バンダイナムコ

いまや、そうめん流しも流行のウォータースライダーの形状を踏襲する形になってきました。バンダイナムコから発売されている「そうめん流し そうめんや」は、形状がウォータースライダー、そのまんま。高低差と水流を利用して滑り落ちる、本格タイプです。しかもトンネルカバーが”薬味入れ”になっています。電池式で場所を選ばす、アウトドアでも大丈夫なのが魅力です。8,640円(税込)

ビッグストリーム そうめんスライダー ー タカラトミー ー

2016年6月、ウォータースライダー人気に乗って発売されたばかり。いままで、”くるくる寿司”、”ゴージャス風呂”など数々のギャグ商品、いやユニークな商品を世に送り出してきたタカラトミーが送り出す渾身の作がこちら「ビッグストリーム そうめんスライダー」。ネーミングからして、リキが入っているのが伝わってきます。「メガボックス」という、水を吸い上げる機能もついており、浮き輪やスライダーマンの形がつくれる製氷皿も付属で細部のディテールにまでこだわりあり。なんとまさかの「東京サマーランド」とのコラボ商品だそうです。7,538円(税込)

超ヒエヒエ北極流しそうめんしろくまファウンテンータカラトミーアーツ

さすがにタカラトミー、ビジュアルも洗練されてる!本体の氷山ファウンテンが水を循環させるので、超ヒエヒエの冷水で流しそうめんが食べられます。専用製氷器もついているのでお魚他の形の氷も作れます。味覚だけでなく聴覚と視覚にも響く「流しそうめん」がジェットです。7,020円(税込)

そうめん以外で流すもの・トレンド

今はそうめんをただ流し、薬味をおいておくのではなく、薬味自体も流し、つゆが薄くなってきた時のために”つゆを凍らした氷”をも流すのがトレンドのようです。また、缶詰のいちご、さくらんぼ(「山形さくらんぼ祭り」では実際に実施)、丸くくりぬいたメロンやスイカ、最後のデザート系では、マーブルチョコ、水羊羹、寒天、白玉だんごも流されるそうです。ここまできたらもう、一大エンターテイメント・ショーですね。

いかがでしたか?夏の風物詩そうめんのうんちくと、「流しそうめん」のガジェットをご紹介しました。この夏はこれでそうめんが一段と楽しくなりそうですね。

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス