Licensed by gettyimages ®

今まで考えたこともないのですが、亡くなった人はお墓とお仏壇どちらに宿っているのか?この素朴な疑問をITに例えストンと納得できる説明をしてくれた母親のお話が今話題になっています。

Twitterユーザーの元鈴木さん。実家に帰省した際、母親から仏壇のおじいさんにご挨拶したのか聞かれ、ふとした疑問「仏壇とお墓どちらにおじいさんが宿っているのか、どちらに挨拶したらいいのか」と母親に尋ねたところ…母親からの回答が秀逸すぎ!

仏壇はタブレット、墓はデスクトップ。おじいちゃんはクラウドに保存されている。今からデスクトップをアップデートしに行く

出典 https://twitter.com

まさに現代風な例え方!あの世にある祖父の魂と(=クラウド)は仏壇(=タブレット)とお墓(=デスクトップ)とも繋がっていて、どちらからも挨拶(アクセス)できて、お墓参りで(=アップデート)ができるということですかね。

…おじいさんがデータになってしまったことはちょっぴち複雑な気もすつのですがこれ分かりやすいですよね(笑)それにしても咄嗟にこの返答ができるお母さんのセンス抜群!

この投稿への反応をみてみましょう♪

出典 http://www.osohshiki.jp

ちなみに、お仏壇の周りのお花を変え場合はスクリーンセーバー変えてみよか?お供えはアイコンでしょうか?

現代のデジタルツールに置き換えて例えを作ったお母さん、現代っ子にはお墓参りの概念がわかりやすくこの説明ならお墓参りの重要性も伝わるのではないでしょうか。

何はともあれお母さんのセンスには脱帽です。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス