ドメスティックバイオレンス(DV)問題に詳しい森元みのり弁護士が見た急増する夫を追い詰める妻の実態とは…!?

DV問題に詳しい森元弁護士が見た!ケースその1〜平日豹変妻〜

休日は二人でショッピング。

二人は仲のいい夫婦として知られていた。

しかし平日は違ったのだ。

夫が仕事から帰宅して鍵を開けると、鍵が閉まってしまう。
夫の帰りを待っていた妻が家の中から鍵を閉め続けていた。
その状態が1時間も続く。

部屋に入るとリビングは散らかっている。
「あなたがあんなに服を買ったからよ!あなたが片付けてよ!」
妻が怒鳴る。

家の中では態度が豹変する妻。

ベッドのシーツにケチャップで死ねの文字。
天井から結婚式でもらったペアの旦那様のクマのぬいぐるみが吊り下げられてる。

こんなことが続いて、ついに夫は会社で倒れてしまった…。


ケース1 妻が夫を追い詰めるワケ、夫が耐えてしまうワケ

理由、理想の夫になってほしい!


妻側は加害者意識がない。週末の優しい妻が本当の姿時間が経てば元に戻ると思って、夫は耐えてしまう……

ケース2 共働き夫婦


ケース2の夫婦は、共働き夫婦。

家事は当番制というルールにしていたが、一年も経たないうちに夫の役目になってしまった。
子供が生まれてからは奥さんが育児をしていたので夫は自分を納得させていた。

しかし、少しでも不手際があると妻は大激怒。

一晩中、夫に説教することも…。

世が明けても、スマホを取り上げ「反省するまで家から一歩も出さないから!」と言う妻。夫の連絡手段を奪い、3日間監視して閉じ込める。

その後、夫は出社するも無断欠勤で上司は激怒。
会社からの信用を完全に失ってしまった…。

ケース2 妻が夫を追い詰めるワケ

妻の言い分「私の生活リスクを増やすな!」
▶️収入も学歴も妻が上。
そんな妻は、足を引っ張る主人が許せないという。

その他の事例

・お土産が気に入らないと、夫の服を切り刻む。

・妻に言われた時間に帰らないと、妻に家中の皿を割られる。

・夫の予定を妻が勝手にキャンセルする。

DVを男性が訴えても信じてもらいにくいらしく、録音するなどの証拠が必要になるそうです。


この記事を書いたユーザー

Hatumi物語 このユーザーの他の記事を見る

Hatumi(はつみ)物語と申します(^-^)
ふと世の中のために何かしてみようと思い立ち、世の中について考え、世の中を良くしていけるような何かを創造したいと思います。
面白くて分かりやすく新しい発見ができるような記事を作っていきたいです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら