ノスタルジックなオールドファッションの魅力?

最近、若い世代を中心に、またカセットテープが流行しているらしい。

いまやインターネットから自分の好きな曲を いつでも手軽にダウンロードして、自分の持っているスマホやポータブル・オーディオにたくさんの曲を入れて持ち歩けるし、その再生機器一台とヘッドフォン一つさえあれば、どこでも気軽に好きな音楽を楽しめる時代に、ノスタルジックなオールドファッションとしてなのか、あるいは今の若者にしてみれば、かえって目新しいのか、とにかくまたカセットテープの魅力が再認識されているようだ。

今となっては面倒な操作性


今の時代となっては、最新式のポータブル・オーディオに比べたらあの『 大きなカセットテープ 』に自分で録音した、一本のテープに入る曲数も限られてしまう『かさばるカセットテープ 』を何本も持ち歩かなければならず、しかもA面が終わればB面に裏返したり( もちろん『 オートリバース機能 』と言うのもあることはあるけれど )、一本のテープを聞き終われば、また別に携帯している何本かのお気に入りのテープをバッグの中から探し当て、カチャカチャ音を立てながらカセットプレーヤーに入れ直ししなければならない。


カセットテープの魅力

一昔前は、自分の家でアナログレコードやCDやラジオチューナーなどから、カセットデッキに入れたテープに好きな曲を録音して、自慢のオリジナルコレクションを作っていたものである。

もちろん、カーステレオのメインの再生アイテムはこのカセットテープだったし、自分のお気に入りの曲だけを集めたカセットを大音響でかけて、高速道路を疾走( 安心して下さい、法定速度ですよっ! )したものである。

いつのまにかCDに替わり、MDに替わり

それがいつの間にか、カーオーディオの主流はカセットテープからCDに替わり、更にMDに替わった頃は、自分で録音するという操作そのものが、なんだかとても面倒な存在になってしまって、いつからか自分でわざわざ録音し直すことなく、CDアルバムを直接持ち歩くようになってしまった。

もちろん、カーオーディオはUSB接続端子付きでポータブルオーディオを繋いで再生できるCDチューナーへと代わっていった。

忘れていた大切な思い出たち

そうなると、今迄散々録り溜めた大量のカセットテープたちは、クルマのトランクや家の押し入れの段ボール箱へと押しやられて、いつの間にか再生されることも無くなって忘れ去られていた。

蘇る青春の想い出

ここへきて、例の若者の間で流行り始めたカセットテープが、青春時代に記録しておいた素晴らしい経験と思い出の数々を蘇らせる為の効力を発揮してくれる。

当然、家のカセットデッキも十分に生き生きと動いてくれるし、押し入れや車のトランクに入れっぱなしだったカセットテープたちも、どれもカビ一つはえずにちゃんと再生できそうである。

ただ、何百本もあるコレクションのテープのメンテナンスはしておらず、これから地道に一本一本カセットデッキに入れてテープの先端から終端まで、早送りと巻き戻しを繰り返してテープの走行系をウェイクアップしてやるという、途方もない時間を費やしての作業をしなければならない。

そうだ、ラジカセを買おう

カーステレオのカセットデッキは、もう随分前にCDチューナーに買い替えたし、家にあるのは大型コンポのカセットデッキと携帯用のいわゆる『ウォークマン 』タイプの再生専用プレーヤーだけだ。

ウォークマンタイプのは、電池式で早送りも巻き戻しも、速度が遅くてかったるい。
かといって、大型コンポのカセットデッキは、リビングのオーディオ・ラックに「 でんっ!」とその大きな図体で鎮座している。

1日に何本ものカセットテープを入れ替え、早送りと巻き戻しの間、ずっと書斎からリビングへと行ったり来たりしなければならないのが、これがまたけっこう大変なのだ。

そこで手軽に何百本ものカセットテープの入れ替えも再生も手元で出来るようにと思いついたのが、「 そうだ、ポータブルタイプのラジカセを買っちゃえばいいじゃん 」という結論に至って、ここ3~4日の間、ずっとネットでラジカセを探すのに夢中になっている。

ところがどっこい

ところがである。

ラジカセを探して気が付いたのだが、現代のラジカセは、もはやあの頃の素晴らしいラジカセは存在しないんじゃないかという、恐ろしい現象の内容に関しては、また次に書きたいと思う。

この記事を書いたユーザー

Dark Bitter Limoncello このユーザーの他の記事を見る

旅行や美味しいもの、カラフルなもの、いい香りの物の話題が大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら