記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
いくつになっても、見た目が若々しい人っていますよね。
表情が豊かで目がキラキラしている、お肌がすべすべでシミやシワがない、髪の毛に白髪が見当たらずハリやボリューム感があるなど、若々しく見える大切なポイントはたくさんあります。

そしてもちろん、指先や首筋などのちょっとしたパーツも、年齢の印象を左右する大切な部位です。

今回はそのなかでも“首”に注目して、医師に聞いてみました。
きれいにお化粧した顔から浮かない、美しい首を手に入れるためのケア方法について、教えてほしい…!ということで、首には深いシワがなぜできやすいのか、その原因をチェックしながら対策を教えてもらいました。

首のシワの原因1:紫外線

首にシワができやすい原因の一つには、顔などと同様、紫外線の影響があげられます。
多くの女性は、シミやシワを恐れて顔にはしっかり日焼け止めを塗っているでしょう。でも首は忘れがちだったり「まあいっか」と思っている人が多いのではないでしょうか。首は皮下の血管が透けて見えるほど皮膚が薄く、ダメージを受けやすい部位です。ケアをしている顔とのギャップが生じて、首が理由で年齢上の見た目になってしまうかもしれません。

【紫外線対策のオススメ!】
首にもこまめなケアをしましょう。
顔の延長として首にも日焼け止めを塗ってあげること、また、汗などで流れたら定期的に汗をぬぐって日焼け止めを塗りなおす、といった気遣いが、きれいな首を保つことにつながります。

首のシワの原因2:乾燥

乾燥も大敵です。
これも、顔のケアとのギャップの大きいことが理由と思います。顔には高価な美容液やパックを使う人でも、首はシャワーを浴びたら乱暴に拭いてそのまま…という方、結構多いのではないでしょうか。

【乾燥対策のオススメ!】
顔のケアと一緒に、首もケアしましょう。
お風呂上がりに軽く、顔につける化粧水や乳液を首へ延ばしてつけてあげるだけでもずいぶん違いがあります。

首のシワの原因3:姿勢

そして、姿勢ももちろん大切です。
首は重い頭を支える部位のため、頬杖をつく癖や、いつも首をかしげるように傾ける癖がある人は、首にシワが刻まれやすくなってしまいます。

【姿勢対策のオススメ!】
立っているときやパソコンを見ているとき、スマートフォンを触っているときの姿勢を意識してみましょう。
最近では自分の骨格に合った枕座ったときの姿勢を矯正するシートなどが販売されているのでうまく使うといいでしょう。

≪気づけば肌荒れがひどくなっている…!≫
カサカサ、にきび、シワ、肌トラブルは女子の敵!【肌荒れ】診断してみましょう!

医師からのアドバイス

首にシワができにくくするために大切なのは、ちょっとした配慮と意識です。
首のケアは手を抜いてしまいがちですが、気付いたときからケアを始めることで数年後の印象に大きく差がつきますよ。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら