先日、北海道七飯町で両親に置き去りにされ行方不明となり隣町の鹿部町で発見された田野岡大和くん。無事に発見され、本当によかったです。

海外のメディアでも大きく取り上げられ、CNNではトップニュースとして伝えていました。

しかし、日本メディアと海外メディアとでは取り上げる議題が少し異なり、特にイギリスのメディアは、「日本のしつけ」というテーマで今回のような出来事は絶対あってはならないしつけの仕方であると強く報道していました。

海外では虐待や行き過ぎた「しつけ」(← その様なやり方はしつけではありませんが)から、子供を守る法律があり、行き過ぎた「しつけ」を受けている子どもは実の親を訴えることができます。

実は今、この日本でも、海外でも、それぞれ違った問題を抱えていますが、社会全体では、「何が良いしつけで、何が間違っているのか」はっきりとわからない!と迷っているような現状なのです。

読者の方が親であれば今まさにそれを感じているかもしれません。

本屋に行けば「しつけ」に関しての色々な本を目にすることが出来ます。
しかし、その内容は教える人によって様々です。
「強い子に育てるために」など、心の強さを強調する本もあれば、
「いたずらは子供の仕事」など、「しつけはしてはいけません」と教える本もあります。

どれが正しいの?本当にわからなくなってきます。

また、もう一つ親として、しつけの方法で悩ますものは、「結果がすくに現れない」ということです。しかも、その子供の性格によっても効果を発揮するものもあればそうでないものもあります。

ただし、一貫して一つだけ言えることがあります。
それは、「子供にはしつけが必要である」ということです。 

では、どのようにすればいいのでしょうか。

その答えをあげるために、今週から、「正しい しつけ」についてお話していきたいと思います。

そして、今日は、第一弾として、「しつけ」をする意味、理由、目的について話していきたいと思います。

「しつけ」をする最大の意味、理由、目的は何でしょう?

それは、「その子の成長」のためです。

親のためではなく、子供のためです。
親であれば、子供が成長してほしいと思うことは当然の親心です。
しかし、当たり前のことだからこそ、この根本を忘れてしまったり、ずれてしまうことがあるのです。もしそうなれば、親の都合で行うしつけをしてしまうことになります。(← このようなものはしつけとは言いませんが)。それがひどくなると、虐待や、行き過ぎた行為となるのです。

虐待や、行き過ぎた行為とは、すべて親の感情(怒り)からくる表れです。

怒りというものがあることで、子供のためである「しつけ」が、親のためのもの、又はしつけと言いながら親の身勝手な行動に子供を巻き込んでいるだけになってしまいます。

ちなみに、怒りは、子供の悪い態度を見て沸いてくる場合もあれば、それ以外の状況や、大人の事情から来る場合もあます。多くの場合、それが一緒に起こる時、抑えきれない怒りが子供の方に向けられるのです。

実はこの様なことってどんな人にも起こり得るのです。

例えば、今回の事件を使って仮定してみれば、子供が車内ではしゃいでいるだけでは親はそこまで罰を与えることはないでしょう。しかし、そこに違った問題(例えば、夫婦喧嘩で口論をしているときに、それに加えて子供が後ろではしゃいでいる)が加わった時に、親の怒りが爆発し、子供に行き過ぎたしつけをしてしまうのです。(←このようなものはしつけではありませんが)

そのように考えてみると、すべての親は、人間であればこの様な状況に陥る可能性があるということです。

だからこそ、すべての親がこのブログを通して、その本当の「良いしつけ」の仕方を学んでいってくれればと思います。

今回のまとめ!「しつけは子供にとって必要なものであり、子供のためでなければならない」ということ。

次回は、「しつけへの準備」と題して、しつけをするに、まずは親が正しくしつけられなければいけないという話をしていきたいと思います。

絶対、ためになります! 

この世の中に少しでもお役に立てればという思いで書かせていただきます。

では、次回をお楽しみに!

この記事を書いたユーザー

happy family happy life このユーザーの他の記事を見る

私と、私の妻はライフハウス東京という教会で牧師として働らかせて頂いております。(http://tokyo.mylifehouse.com/)
毎年、何十組もの結婚するカップルや既婚者のためにセミナーやワークショップを開き、少しでも皆さんの助けになればとアドバイスをしております。毎回の講演会(東京)では約100名ぐらいの方が来ていただき、大盛況に行われております。ぜひ、セミナーに来られない方にもお役立ちになれる記事を書ければばと思って投稿しております。ぜひお読みください。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら