これは、新発見です!なんと、ポッキーを冷蔵庫でキンキンに冷やすと「楽器」になることが判明しました!

ポッキーを製造・販売するグリコによると、「ポッキーを冷やして食べれば、歯ごたえが変わって音が1.5倍よくなり、メロディーを奏でられるようになることがわかった」というのです。

ポイントは「口の形」。ポッキーを食べるときの「口の形」を変えれば、ドレミのように音階が作れるのだとか。

ここで、見本を見てみましょう。

出典 YouTube

確かに、おなじみの「ちょうちょ」のメロディーになっていますね!すごい!

Twitterには続々とチャレンジ動画が投稿!

今、ポッキーのパッケージ裏面には、オリジナルの楽譜が掲載されていますが、これは科学的に導き出されたもの。

実は今回、グリコは、あの「初音ミク」で有名なクリプトン・フューチャー・メディア株式会社と共同で音響測定器を開発し、お菓子の温度や食べる口の形による音響の違いを研究したそうです。

そして、軽快な「食音(しょくおん)」の楽しさを体感してもらおうと「冷やして鳴らそう♪お菓子のいい音(ネ)」キャンペーンを実施しています。

このキャンペーンは、「ちょうちょ」や「キラキラ星」「メリーさんの羊」といった複数の「課題曲」から好きな曲を選び、実際にポッキーでメロディーを奏でているシーンを動画に撮って投稿すれば、抽選で賞品がプレゼントされる、という内容です。また、優秀作品だけを集めた動画を「グリコビジョン渋谷」で放映する企画も準備されています!

キャンペーン開始後、Twitterには続々とチャレンジ動画が投稿されているようですよ!

さらに、初音ミクも参戦!

出典 YouTube

他にも、今回のキャンペーンサイトでは「島村楽器」や「京都フィルハーモニー」といった音楽のプロフェッショナルがポッキーで演奏する貴重な動画も見ることができます。

冷やしたポッキーを“ポキッ”と鳴らして暑い夏を楽しもう!

ポッキーをかじったときの音が耳に心地よく、動画を見ているだけで、なんだか楽しい気分になってきますね!これからの季節、ポッキーをキンキンに冷やせば、よりおいしく食べられますが、その際、家族や友だちと「食音」を奏でてみてはいかがでしょうか?

我こそは!という人は、こちらの「How to いい音(ネ)」を参考に、ぜひチャレンジしてみてください!

出典 YouTube

この夏、キンキンに冷やしたポッキーを“ポキッ”と鳴らして盛り上がっていきましょう!

この記事を書いたユーザー

marlgoro このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。ライター歴、約10年。現在、関西を拠点に活動中。大のテレビっ子です。たまに、ちゃんと取材した記事も寄稿しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス