この秋、9月17日から11月20日まで、茨城県北部地域6市町村を会場に、
海、山を舞台に芸術祭が開催される。

今日はその茨城県北芸術祭について、概要など紹介していこうと思う。

芸術祭総合ディレクターは南條史生氏。
南條氏は2006年より森美術館館長を務められておられる事でも有名。

その南條史生氏を総合ディレクターに迎え大規模な芸術祭がこの秋
茨城県北部地域を舞台に、日本内外のアーチストを迎え開催される。

既に出展アーチスト達による県北各地域へのリサーチ活動なども始まって
おり、様子は公式FBページなどで随時更新されている。

茨城県北芸術祭公式FBページ
https://www.facebook.com/kenpokuart/

また、芸術祭が開催される茨城県北各地域での地元の方々との交流や、
茨城県内で活動されている様々なアート集団とのコラボレーション、
「アートハッカソン」など、今までにない新しい試みも取り入れられ、
広い視野でのアートの展開が期待されている。

今後芸術祭へのボランティア参加募集なども公式サイト上で行う
予定。

茨城県北部、自然豊かな場所での芸術祭、関わってみたいと思われた
方は公式サイト要チェック!!

茨城県北芸術祭公式サイト
http://kenpoku-art.jp/

尚、来る6月11日には、茨城県南つくば市の茨城県つくば美術館にて、
茨城県北芸術祭の歩き方、と題したトークイベントが茨城県北芸術祭
アソシエイトキュレーター金澤 韻さんをお迎えして開催される。

茨城県つくば美術館
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/sub2.html

また茨城県北芸術祭に関しては随時更新していく予定。
ご覧いただければ幸いです。

この記事を書いたユーザー

加代 このユーザーの他の記事を見る

2015年9月までラヂオつくば@タウン龍ケ崎パーソナリティーとして放送担当。
Spotlightでは主に音楽関連及び住まいの茨城県内、龍ケ崎市内の情報なども
掲載中。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら