出典 https://www.instagram.com

記事提供:Techinsight

3日に他界した元プロボクサーのモハメド・アリ(享年74)につき、娘がインスタグラムで想いを発表。彼の心臓が驚くほど長く鼓動し家族を驚かせたことを明かした。

このほど帰らぬ人となったモハメド・アリにつき、愛娘ハナさんがこのような文章をインスタグラムにアップした。

「心が痛みます。ですが、父が自由になったことはとても嬉しく思っています。私達は強くいるべく努力し、父の耳元でこう囁きました。

“もういってもいいの。私達なら大丈夫。愛しているわ。そして、どうもありがとう。もう神様のもとに帰ってもいいのよ”と」

「私達は父を囲み、ハグやキスをしたり手を握ったりしていました。イスラム教の祈りを唱えながらです。彼の臓器は全て機能不全になりましたが、心臓は鼓動を続けました。30分もの間です…」

「父の精神、そして意志の強さの証でしょう!」

パーキンソン病との闘いを続けていたアリは、ここ数年体調を崩しがちだったとのこと

それでも必死に強く生きた彼の最期を、家族は悲しみながらも感謝して見届けた。

出典:モハメド・アリ muhammadali instagram

権利侵害申告はこちら