先日発表された『中華蕎麦とみ田10周年記念イベント 中華蕎麦とみ田×飯田商店×蔦』。
わたくしのSpotlight記事でもご紹介させていただきましたが、いよいよ本日2016年6月5日に無事開催される運びとなりました。

3店舗コラボメニュー『中華そば〜求めし心の味〜』値段2000円

ラーメンの価格としても、プレミア感が漂っております。

昨日、そのイベントの整理券を入手するためにお店まで行って参りましたが、ラーメン業界のみならず飲食店業界でもなかなかお目にかかれない状況に居あわせることとなりましたので、ご報告させていただきます。

◎イベントの並びに関する注意事項

出典 http://www.tomita-cocoro.jp

事前に、ルールが徹底されているのは非常に好感が持てますね。
人気ラーメン店の行列にありがちの「割り込み行為」がなくなりますからね。

◎ツイートはこちら

このイベント、ラフレ(ラーメン友達)と連れだって朝方に向かう予定でしたが予想以上に出足が早いようで、別のラフレの情報によるとシャッターポール(行列の先頭)は16時に並び始めたとのことでした。
イベント開催時刻2016年6月5日10時の18時間前ということになりますが、その16時台ですでに10人超の行列が発生した模様でした。

朝方に行くという考えを、修正しなければなりませんでした。

出典自身撮影

そしてイベント開催時刻の約12時間前の22時を過ぎたあたりで90人の徹夜並びが発生し、ラーメンフリークにとってのプラチナチケット先着200人のうち90枚がはけてしまいましたので、朝方に並び始めるという計画を前倒しして千葉を出ました。

イベント開催地の「中華蕎麦とみ田」へ到着したのが23時15分。

なんとか、150番台のプラチナチケットをゲットすることに成功しました。

出典自身撮影

そして、徹夜を覚悟したラーメンフリークがなんとイベント開催時刻の約10時間前の23時54分に200人の行列を形成し、『中華蕎麦とみ田10周年記念イベント』への参加権は終了となりました。

10時間超の徹夜並びを覚悟しておりましたが、朝6時に配布開始予定だった整理券がこの時点で配布されることとなり、200人の安堵の声が松戸中に響き渡りました。

◎中華蕎麦とみ田マスター、富田治氏本人による整理券の配布

出典自身撮影

日本一のラーメン屋といわれる「中華蕎麦とみ田」の富田店主が、整理券を直々にラオタ(ラーメンフリーク)どもに手渡されその都度、お客様に感謝の言葉を述べられておりました。

出典自身撮影

富田マスターの一番弟子、山梨の行列店『中華蕎麦うゑず』の上江洲店主も応援に駆けつけておられました。
とみ田在籍時代、とみ田マスターに酷似した風貌から「影武者」との愛称で親しまれておりました。

出典自身撮影

新小岩の行列店『麺屋一燈』の鶴崎店長と吉川氏もお祝いに駆け付け、麺屋一燈坂本社長が贈った祝花の前で「おおぜきポーズ」です。

出典自身撮影

なにはともあれ、ラーメンフリークとしては職を辞してでも参加必須のイベントの整理券をゲットすることが出来て嬉しいです!

この整理券、仮にヤフオクに出品したとしたら、6900円くらいの値がつくと分析するラーメンフリークもいるほどです。

今回のイベント、自他共に日本一のラーメン屋と認める「中華蕎麦とみ田」の10周年記念とのことで、想定以上の早い時間から行列が発生し、ラーメン店の行列としては異例の開店10時間前に200杯完売という状況になりました。

この伝説ともいえる行列は、しばらく破られることはないと思います。

もし破るお店が現れるとすれば、それは5年後に開催予定の「中華蕎麦とみ田15周年記念イベント」のような気がします。

◎そしてイベント当日

この日は、前日ゲットした整理券の「並び直し時間」まで時間がありましたので、「千葉→春日部→草加→松戸」というラーメン遠征計画を立て履行しておりました。

途中、提供時間が早まっているという情報を得ましたので、草加の予定をキャンセルして早めに松戸へ向かいました。

そして、本来の「並び直し時間」よりも早めに入店し、小さなドキをムネムネながらこのイベントの主人公、中華蕎麦とみ田マスター富田治氏と談笑しながら待つこと6分9秒69で、熱々のラーメンがわたくしのもとへ届けられました。

出典自身撮影

動物系の旨みが、地平線の彼方まで続くような感覚に苛まれました。
それもそのはず、スープなどの素材が書かれた材料表示を見ますと、動物系素材、魚介系素材、醤油、小麦、水、丼に至るまで、厳選されたものを使っておりました。

出典自身撮影

出典自身撮影

スープの素材は、山水地鶏、比内地鶏、東京軍鶏、淡海地鶏、名古屋コーチン、金華豚ゲンコツ、金華豚背ガラ、羅臼昆布、利尻昆布、帆立貝柱、焼きアゴ、かえり煮干し、白口煮干し、本枯れ鰹節、本枯れ鯖節、鮭節、干し鮑・鮑、天然浅利など。

出典自身撮影

麺の素材は、小麦に「はるゆたか」「きたほなみ」「チクゴイズミ」他に「那須御養卵ー極みー」「ぬちまーす」「内モンゴル産 天然由来かんすい」など。

出典自身撮影

具材は、純粋金華豚低温調理ロース、純粋金華豚バラ、サマートリュフと純粋金華豚の雲呑、熟成穂先メンマ、九条ネギ、支那そばやの海苔。

出典自身撮影

手前から、「中華蕎麦とみ田」富田治氏、「Japanese Soba Noodles蔦」大西祐貴氏、「らぁ麺屋 飯田商店」飯田将太氏

日本一のラーメン職人 富田治
天然素材のスペシャリスト 飯田将太
ラーメン界初のミシュラン一つ星獲得 大西祐貴

最高の職人に最高の素材

堪能致しました

◎10周年記念挨拶

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス