ところにより30度近くになり、夏らしくなってきた今日この頃。

“夏らしい食べ物”といえば、かき氷に、ビールに、スパイシーなカレーに……それに、水分補給だって忘れちゃいけません。

だけど、キッチンに立つのは億劫になるこの時期。毎日そうめんばっかり……というのは身体を壊してしまいますよ。今回は暑い夏にぴったりの、かわいい調理家電や便利グッズをご紹介します。

ただ美味しくできるだけでなく、とても簡単に作ることができるものばかり! ぜひチェックしてくださいね。

■1:超スタイリッシュ! 子どもっぽくない「かき氷器」

「かき氷器は場所をとる」そんなイメージ、ありませんか?

ハンディタイプの「大人の氷かき器 CDIS-150」ならコンパクト。一見かき氷器には見えない、とってもスマートなかき氷器です。他のキッチンアイテムと並べても、絵になりますよね。

使い方も簡単。ボタンを押すだけでかき氷が出てきます。手が疲れることもなし。ただし、1回で出来上がるかき氷の量は軽く1杯分。大人数でワイワイ楽しむのには、少々物足りないかも。

かき氷だけではなく、モヒートなどに入れるクラッシュアイスとして使えたり、お刺身やサラダに使ってもOK。乾電池式なので、アウトドアでも使えるのが嬉しいですね。

■2:お家でビアホール気分! 缶ビールを「生ビール並み」の泡立ちに!

「家で飲む缶ビールでも、ビアホールのような泡を楽しみたい!」というニーズに応えて、ビールの泡を簡単に作ることができるアイテムが各社から発売されています。

中でも「ビアフォーマー」は、スティック状の本体で、ビールの入ったグラスに入れて泡を作ることができて手軽に扱えます。超音波で作っている泡は、キメ細かくクリーミーです。

グラスにそのまま挿しても使えますから、後片付けがとても簡単。持ち歩き時も邪魔にならないので、屋外やバーベキューでも活躍しますよ。

■3:「電子レンジ」でカレーが作れる!?

夏バテ防止に、スパイシーなカレーが食べたい! だけど、暑いキッチンで煮込み料理を作るのは憂鬱ですよね。そんな時は、イシガキ産業の「レンジdeカリー」が便利です。

材料を入れて電子レンジでチンするだけで、手作りカレーが楽しめます。火の通りにくい人参やジャガイモは、大きさを揃えて調理するのがコツ。

洗い物が少なく、手軽にできるので夏場に重宝しますよ。

■4:カフェみたい!「フレーバーウォーター」が簡単にできるボトル

よくカフェで出される、フレーバーウォーター。レモンだったりミントだったりと、香りのよいさっぱりしたドリンクは夏にピッタリ!

イタリアのキッチンウェアメーカーgiaretti(ジアレッティ)から「フレーバーアクアボトル」が登場しました。フルーツを直接絞れるジューサーと、カットフルーツを漬け込めるフィルターがセットされており、簡単にフレーバーウォーターが作れます。

レモンなどの柑橘系を入れれば、真夏の暑さで体調が悪いときでも、気分がすっきりします。ただ、フレッシュフルーツを使いますので、真夏の暑い時期は早めに飲みきるようにしてくださいね。

夏は食欲が落ちて体調を崩しやすい季節です。栄養も偏りがちになりますので、簡単に調理できるキッチングッズを使って、上手に乗り切ってくださいね。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス