出典 http://www.dailymail.co.uk

犬を優しく撫でながらカメラに笑顔を向ける女性の名前は”簡稚澄”さん(31歳)。台湾の動物保護施設センターの管理者として働く獣医師の女性でした。

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業した簡さん。動物達を心から愛する優しい獣医さんだったのですが悲しいことに彼女は31歳という若さで自ら人生の幕を閉じました。

出典 http://www.dailymail.co.uk

簡さんは同僚からも優しく仕事に対して真摯でプロフェッショナルと信頼も厚く慕われていましたが、彼女の働く保護施設は動物の過密問題の為、2年間で700匹もの犬を殺処分しなくてはいけない状況に追い込まれていました。

動物に対し、誰よりも愛情を注ぎ仕事に信念と誇りをもっていた彼女には耐え難い日々が続きました。悩み、苦しみ…そして、少しずつしかし確実に彼女の心は壊れ始めていました。安楽死の注射を打ち死にゆく犬達を引き寄せ抱きしめる、そんな姿が何度も目撃されていました。

出典 http://www.dailymail.co.uk

苦悩の続く日々、追い打ちをかけるように、動物愛護団体が700匹の殺処分の槍玉に管理者である簡さんの名前をあげ「美しき死刑執行者」「美しき屠殺人」と批判の的とし報道してしまったのです。

出典 http://www.dailymail.co.uk

そして、心が壊れてしまった簡さんは、犬に投与してきた安楽死用の注射を自分に打ち、昏睡状態に陥ってそのまま還らぬ人に…

やりきれないこのニュース。悲しい結末は中国紙人民日報や英紙デイリー・メールなどで大きく報道されました。台湾では昨年、動物保護法の一部改正案が可決され、改正2年後から動物収容所での動物の殺処分が禁止されることになっています。だからと言って簡さんに何が言えるのでしょう。

出典 http://www.dailymail.co.uk

動物を愛し助けたいと獣医になった彼女が動物の命を奪う仕事をしている葛藤。誰も彼女を責めることはできなかったと思います。動物愛護団体の方々も槍玉に上げ批判するのではなく、殺処分という闇を共に見据え、劣悪な環境を改善していくべきではなかったのでしょうか。

動物を助けたかったのに…安楽死の注射を自らの手で犬達に打ち命を奪う。そして、ただただ抱きしめることしかできなかった簡さん。思い描いた理想と現実のギャップ。苦悩と罪悪感。どこで運命が狂ったのか、小さな命を大切に思う優秀な獣医さんが自らの命を絶つ現実は悲しくてやりきれなくて言葉になりません。

なぜ、彼女が槍玉に上がったのか?批難される相手は簡さんではありません。安易に動物を飼い、飼えなくなった、飽きたからと家族である動物達を躊躇いもなく手放す飼い主さんなのではないでしょうか。


日本でも動物の殺処分が近年問題になりつつあります。毎年、20万頭以上の犬や猫が保健所に収容されており、その内の十数万頭が殺処分される現実に立ち向かい、声を上げる人達、賛同し共に活動する人達が増えつつあります。

しかし、まだまだ現実は今この瞬間もどこかで殺処分が行なわれ、そして、きっと沢山の従事者の方々が簡さんと同じ思いに日々苦悩しているのではないでしょうか。

罪なき命が今日も奪われる日々。そして、起こった従事者による悲しくも痛ましい事件。もう一度考えてみませんか?動物を家族として迎えるということ。その命に一生責任を持つということ。人間の命と動物の命同じように大切で尊いということ。ひたすら飼い主さんを愛し信じてくれる動物を裏切るようなまねはやめて欲しい。そして、簡さんのように、夢に煌めいていた未来も希望も命までも奪われた見当違いの批判も。

私達はこの現実を受け止め、殺処分という闇をみんなで見据え改善していく為にも多くの人が捨てられた動物達の現実と従事者におこった悲劇を知るべきではないでしょうか。

簡稚澄さんのご冥福を心よりお祈り致します。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス