「亀田の柿の種」がピーナッツ入りとして1966年に発売されてから、今年で数えて50年になります。発売50周年を記念した「世界ピリ辛紀行」が発売中となっています。第3弾としてブラジル風シュラスコ味が発売されることになりました。

世界ピリ辛紀行

第1弾・シラチャーソース味

第1弾として、シラチャーソース味が2016年1月18日(月)に発売されました。シラチャーソースとは、唐辛子やガーリックの入ったタイの辛口チリソースです。アメリカで大人気のソースとなっています。

改めて、ピーナッツが甘いことを実感しました。

私も食べてみましたが、確かになんか不思議な感じがしましたね。

第2弾・インド風スパイシーカレー味

第2弾はインド風スパイシーカレー味で、2016年3月28日(月)に発売されました。14種類のスパイスにチキンの旨味が加わった、香り豊かな柿の種です。この商品は、製造終了となっています。

味だけでなく、香りも楽しめましたね。製造終了となっているのが残念です。

おつまみにピッタリの柿の種でしたね。

第3弾・ブラジル風バーベキューシュラスコ味

第3弾として2016年6月27日(月)に発売されるのが、ブラジル風バーベキューシュラスコ味です。シュラスコとは、鉄串に牛肉・豚肉・鶏肉を突き刺して岩塩を振って炭火でじっくりと焼き上げる肉料理のことです。ガーリックやクミンを隠し味として、6種類のスパイスとブラックペッパーを加えて、シュラスコの肉の旨味と香りを表現してあります。

シュラスコ味の「柿の種」、どんな味と香りが楽しめるのか発売日が待ち遠しいです。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

なにもないです

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • ゲーム
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス